FC2ブログ

ゴジラ対タコランテ

 7月18日。

 『サイレントトリガー(スナイパー)』は、ドルフラングレン版『恐怖の洞窟』だと断言する。それでもラッセルマッケイには『ハイランダー』があるのでラリーブキャナンよりはましである。
 ヤフーメールに溜まった、ヤフーからのスパムメールを処分しなきゃとPCを起ち上げてみたところ、今朝、江戸川に入っていたという秦明よりメールが届いていた。
 アタったとかバレたとかそんな話に悩ませられながらも、クロダイ二匹とシーバスを一匹キャッチ出来たとのこと。
 秦明は、江戸川で○回連続ボーズなし!を継続中だ。
 この日は当初、新河岸ドブにシーバスを狙いに行く予定だったが、バイク屋に預けていた愛車の戻りが少々遅くなったことにより、ペチット遠征を諦め、結局多摩川に行くことにした。
 キャスティングタックルを持って貧乏長屋を出る。
 スピニングよりベイトの方が上。
 もうひとつの伝説が唱えた概念のおかげで、釣れる前から勝った気でいられるようになったことに感謝したい。

 降臨跡。
 雨後であってもカバー帯が力が持つ状態にはなっておらず、周通しゅうとうの他に何人かの釣り人は来ていたが、修羅も改造三輪車も見えなかったので、早々に捨て、希望の中州の様子を見に行くことにした。

 ポンスキーロードにまだ自転車は無かった。
 朕はスナック菓子など持ち歩いていないので狸が寄ってくることはない。
 余計な口出しをして、要らぬ世話は焼きたがるが、本当の意味での手助けはしない迷惑な正義感に染まることがないのが朕の美点である。

 希望の中洲に入り、狸島から様子を見て進む。
 昨晩にわかに上昇した水温は再び下がってしまったが、劇的に下がったというほどでもない。
 ベイトフィッシュの濃淡を見定めながら遡って行ってみれば、やはり上流側に濃い。
 五本松対岸には先行者。
 よくよく見れば、先行者は李俊とセニョールだったので、朕はそちらに向かい、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説三輪式で挨拶した。
 セニョールに最近の調子を訊かれたので、ほぼ毎回釣れていると答えた。
 朕が釣れるのははぐれ者と同じく、釣れるなら何でもですな姿勢でいることと、むやみな立ち込みをせず、ノンラトルのベイトを重用し、可能な限りプレッシャーとなる要素を排除して臨むからである。
 現在多摩川でスモールマウスが釣れているエリアの話や、新河岸ドブの話をしながらキャストしているうちに17時の鐘が鳴り、李俊とセニョールは撤退。
 ほどなくして、瀬へのベイトの入りが盛んになり、ニゴイの反応が出るようになってくる。

 朕が御不浄に立たれた後、ポイントに戻ってみれば、下流側にルアーマンが来ていた。
 体形を見ればナマズラリーなまず魚釣りではないことが一目瞭然だ。
 そしてこの釣り人は、天候次第では行くかもしれないと言っていた費保だった。
 更に鄒衍も現れ、Bブリングをお裾分けしていただいた。
 鄒衍は金銭の受け取りを固辞したので、代わりに多摩川必釣ベイトとするための釣り廃人チューンの方法を伝授してやった。
 何のことはない、ただブレードをノーマルのものより二回りほど小さい物に交換するだけのことなのだが。しかし、たったそれだけのことで釣れるベートに変わるのだから「オレには使いどころがわからねえ」と切り捨てるにはあまりにも勿体ない。
 鄒衍は冒険心を出して他のポイントを求め移動して行ったが、朕はここで機の到来を待つことにした。
 光量が落ち込むと共に、バイトはニゴイのものからナマズのものに変わっていく。
 朕はチャガースプークで二匹のナマズをキャッチ。
 バズベートを引く費保はアタったとかバレたとかそんな話に止まっていた。
 気付けば20時を過ぎている。
 とりあえず釣れはしたものの、昨晩のように続々と入ってくるという感触でもなかったことにより、ここで撤退することにした。
 
 ポンスキーロードに戻ってみればまだ自転車は無かった。
 今宵、ポンスキーはスナック菓子にありつけないかもしれない。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード