FC2ブログ

出かける時は忘れずに

 7月8日。

 連休最終日。
 ○回連続ボーズなし!の伝説三輪式自慢を継続させるために、修羅のように考えるふりをしながらその実一切を天運に任せるか、ナマズラリーなまず魚釣りのように釣れるまでキャストを続けたり、釣れなかった日は行ってないことにするといった方法もあるが、朕にはとても出来ないことだ。
 この日は先日の晴れた日にナマズラリーなまず魚釣り旧入水点で投網を打っている人を見たこともあり、アユに何か動きがあったのではないかと気になっていたので中野島堰下合流点の様子を見に行くことにした。

 現地入りしたところ、泥濁りの増水。
 手前には小川が出来ており、長靴でもなければ水辺に辿り着けない状態になっていた。
 泥濁りと増水ならば降臨跡のカバー帯が生きるかもしれない。
 “立ち木千本バス一匹”の釣りでもするか、と一度貧乏長屋にワームを取りに戻る。

 降臨跡。
 濁りは思っていたほどではなかったので早々に捨て、希望の中洲に行くことにする。
 ポンスキーロードに自転車は無かったが、この時点ではナマズラリーなまず魚釣りが開かれるのかどうかはわからない。
 狸島から五本松対岸まで流しながら腰を据える場所を探す。
 地形、ベート、風向きを見れば、やはり今日も五本松対岸で良さそうだ。
 光量が落ち始める頃、鄒衍すうえん到着。
 水温が上がらないためか、水面では反応を得られなかったが、沈めて引いて、朕はナマズとコイをキャッチ。
 DT6とシャドウラップシャッド、いずれもラパラの功である。
 鄒衍はチヌロッドとリップレスクランクのコンビネーションでナマズを一匹キャッチ。
 完璧とまではいかなくとも、釣果を得られたことに概ね満足できたのでここで納竿とした。

 ポンスキーロードに戻ってみれば、まだ自転車は無かった。
 散らし鈎と釣れるまで続けるスタイルをもってすれば、刻一刻と変化していく自然環境のことなど考慮する必要が無いのがナマズラリーなまず魚釣りの強みである。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード