FC2ブログ

酒混ぜた紅茶など飲みたかねえ

 6月26日。

 「多摩川はもう飽きた
 伝説三輪式を決め、新河岸ドブに向かう。
 当然、飽きたといっても修羅のようにいつも釣れないから悔し紛れに吐いた唾ではなく、いつも同じ風景を見るのも飽きただけのことであって、多摩川での釣りに飽きたというわけではない。
 
 新河岸ドブ。
 何といってもここは他に釣り人が居ないのが良い。
 から暑い日であったことと、体力の衰えに、わずかな距離の移動にも難儀したが、やるべきことをやれば結果の出るフィールドだという刷り込みが出来ているので耐えることは可能だった。
 とはいえ、一流ししてみて得られた感触は、潮位が上がるまでどうにもならないというものだった。

 これを見越していたのは紅蠍。
 夕刻に入ってから人工ワンドに現れる。
 この日はイナッコの群れは少なく、サヨリの群れを見ることができた。
 ドブマスターの紅蠍曰く、サヨリを意識した攻めで釣れた験しがないという。
 目に見えるベートの存在は釣りを組み立てる上で重要なパーツではあるが、それが全てというわけでもない。
 「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!
 だが、修羅のようにただルアーを水に浸けているわけではない。
 シャドウラップロングビルの5センチモデルにフッコには少し足りないセイゴがヒット。このルアーはベートキャスティングも出来て、20lbラインで引いても流れの中でしっかり泳ぐ優れたベイトだった。しかし、ストレートリトリーブでの泳ぎが良いのは確かだが、バイトが出たのはすべてトウィッチを入れた時のみだった。
 「シーバスにジャーク、トウィッチは邪道」と修羅は言ったが、釣りに来ているのだから釣ってこそであろう。釣ってこそとはいっても、ナマズラリーなまず魚釣りのように、ばらし防止の措置としてルアーにえげつない散らし鈎を付けるのもどうかと思うが。
 結局この一匹のみで盛況になることがないまま日没が来てしまった。
 それでも、新川で釣ったことのある紅蠍がノーフィッシュに終わった日に、新川では釣ったことのない朕が釣れたのだから、このような結果に終わっても修羅に侮られることはないだろう。

 この日も恒例の山田うどんでの晩飯としたが、山田うどんでは絶対にうどんを食わないのが我々の流儀である。

 帰宅したところ、PCに秦明よりメールが届いていた。
 江戸川河口でシーバス4匹、クロダイ2匹をキャッチしたとのこと。
 クロダイまで釣れるのは面白そうだが、現地の釣り場事情を聞く限りではとても行きたいとは思わなかった。
 ペチット遠征するならやはり新河岸ドブの方が良い。

 ※マー語


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード