FC2ブログ

モニカルイン好き

 5月23日。

 娑婆でうつうつとこころたのしまず過ごしていた昨日、中野島ドブに入っていたという公孫戍より、4匹のスモールマウスがキャッチ出来たとの報が入る。
 このポイントの復活度合いを詳しく測ろうとしていたところ、しゃくれる知ったかじじいに絡まれてしまいやむなく逃走せざるを得なかったとか。
 同日夜、隅田川に行っていた鄒衍もまた釣果を得ており、再び伝説三輪式自慢権獲得に向かって踏み出していたのだった。
 釣れない自分が基準の人が吐く汚ねえ唾には驚かされるものが多々あったが、一番度肝を抜かれたのは、夢枕獏の“釣れない釣り人は哲学者、釣れてる釣り人はただのお調子者”なる唾だ。
 哲学すら無いから釣れないのだと朕は思うのだが…。

 迎えた当日。
 土曜日で天候も良い日とあれば、日中は方々で修羅の捕食に適した環境が出来上がり、釣りにならないことが予測できる。いずこもキャストできるスペースぐらいは取れるだろうが、概ねフィッシングプレッシャーで潰れているはずだ。
 ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気のこともあって、この日も釣り人の捌け始める夕刻に出ることにする。
 目覚めてみれば、公孫戍より狸島に入るとのメールが入っていた。
 今日は眠りに就く前に中野島堰下合流点に行くと決めていたので、ナマズラリーなまず魚釣りのことが気にならないでもなかったが狸島には寄らず、現在近場で最も釣果を見込めるポイントである中野島堰下合流点に直行した。

 ポイントに向かって歩いていたところ、費保より「多摩川で二回連続ボーズなし!」のメールが届く。
 堰下合流点流芯でニシネクランクが釣れるかの実験の結果だという。
 ということは費保は既にポイント入りしているということか。
 おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!と、修羅なみみっちさがこみ上げてくるが、しかし、現在あのポイントは修羅の捕食に適した状態になっているはず、ということは費保が居ることによって釣り座の確保が容易になるのではと思うに至り、伝説三輪氏のように怒りに我を忘れ、顔をどす黒く変色させるところまでには行かなかった。
 河原に着いてみれば、両岸に修羅が捕食を行うに足るだけの釣り人が居たが、費保は流芯を打てる場を保持し、その周辺に釣り人は居なかった。
 ニシネクランクなるものを見せてもらう。フラットサイド、サイレント仕様のシャローランナーで、流芯を横切らせてのヒットだったというのだから優秀なクランクベートに違いない。
 明るいうちはやはり流芯で間違いないのだ、と朕はDT6をキャスト。
 60前後のサイズのナマズが抜かれた後だから、次はそれより小さなナマズかスモールマウスが入ってくるかもしれない、と言いながら引いていたところストライクの感触を得る。
 40クラスのスモールマウスだった。

 日没を迎え、釣り人が消えていく。
 日中は人に立たれて潰れてしまう、岸寄りの何気ない変化も、実は魚が通ったり、寄ったりする重要なストラクチャーであることが多い。多摩川で釣れないことの実情に、魚のことやその場所の構成のことはさておき、ルアーじゃ釣れないからワームだったり、ルアーをただ水に入れているだけだったり、むやみに川の中に入ってポイントや往来を潰しているからといったことがある。
 「オレが考え無しにやってると思うか?
 と言ってみたところで、ルアーやメソッドをどうこうしている程度ではとても考えてやっているとはいえない。
 釣り人の消えた浅場では費保がバンディッドのスーパーシャローランナーで40少々のスモールマウスをキャッチ。
 多摩川レギュラーターゲット二種目を達成する。
 この日はナマズラリーなまず魚釣り並みに粘っても良い態勢で来てはいたが、次が来る気配が希薄になってきたように感じられたことと、朕も費保も「多摩川で二回連続ボーズなし!」の伝説三輪式自慢権を獲得出来ていたこともあり、粗方満足していたので結局粘らずの納竿とした。

 一方、狸島の公孫戍はバスこそ釣れなかったものの、ヤマモトイカで関東巨鯉倶楽部を達成。
 こちらは「多摩川回連続ボーズなし!」となっていた。
 隅田川の鄒衍もまたこの日シーバスをキャッチしており「隅田川で二回連続ボーズなし!」となっていた。
 釣りを長く続けていれば当たり前に起こりうることも、修羅にとっては奇蹟の所業。
 よほど嬉しかったのだろう。
 ゆえに、ここでも特に重く用いるのである。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード