FC2ブログ

毎日が日曜日、週末社長

 4月26日。

 所用のついでに八幡山のカースティングに寄る。
 フックの補充と、公孫戍に頼まれていたメバル用ライザーベートの有無をチェックするためである。
 店に入ってみれば、目的の商品だけでなく、新型のレアリスシャロークランク、DT6、CDエリート、ダイワのチヌ用ポッパーにも目が行ってしまい、結局散財。
 円天を放出してしまったが、ボーズに終わっても自分がヘボいためではないと思い込める実験ネタになるのだから、決して高い買い物ではない。

 韓流ポイントで公孫戍と主君に合流。
 ライザーベートを主従に納め、公孫戍にはダイワのチヌポッパーを譲渡した。
 公孫戍にとってライザーベートは既にスモールマウスの実績があるベイトなので伝説式保険としては使えない。そこでチヌポッパーを使っていただき、伝説式精神勝利法に抜かりの無いようにしていただこうと後輩史官としての配慮を見せたのである。
 手マンポイントからケーポップポイントにかけての一帯にはナマズさんや下野さんの他、大勢の釣り人が来ている。堰下のもうひとつの降臨跡はもっと悲惨で、バスバブル期の河口湖かというほどに両岸とも釣り人で埋め尽くされていた。
 広い範囲に修羅の捕食場が出来上がっている。さながら、イワシ、アジ、ワカサギ、アユが入り乱れるシャローフラットが延々続くかのごとくだ。
 これほどの好機をみすみす見逃しているとはよほど天敵に怯えているのだろう。
 聖人君似と漆園史官の被剥問答が一段落したところで、目の前の水溜りでチヌポッパーの動きをチェックしてみる。
 形はポッパーでも、泳ぎはペンシルベートそのもので、動きはスゴイクイックに似ていた。ノーマルでノンラトルだというのも良い。チヌにはどうなのかわかならないが、バスやナマズには効くと思われた。
 ナマズさんに挨拶しに行き、居並ぶ釣り人が釣れていない理由を説明する。
 さて、渡すものを渡し、主君にもおぼえめでられたことにより、朕はここで「今日のオレの仕事は終了!」を宣言した。
 これにより、この先釣れても釣れなくてもそれは己の技量のあずかり知らぬことにできた気になれる。
 伝説三輪氏から学んだ精神勝利法を用いたところで一同解散とし、朕は独り狸島に向かった。

 ポンスキーロードには今日もプレミアだかレアな自転車は無かった。
 ナマズラリーは少なくとも一週間は開かれていない。
 コロナ騒動の影響だろうか。
 狸島に入ってみれば、今日は昨日と違い、ブレークラインを行き来するコイやフナの姿がよく見えた。
 現在、スモールマウスは平均的にフィーディングの回遊をするのかどうか微妙なところだが、ナマズは間違いなく回遊してくるはずだ。
 そして日没近付く頃、ついにナマズの追いを見る。
 見えたナマズはそれきりだったが、場所はここで間違いないと確信し、思考を止めず、集中力を欠かさず、狸島岬からワンドにかけての一帯を打ち続けたが、まったく反応を得られないまま20時を迎えてしまった。
 これより先に進む道標が見えなかったことにより、集中力が途切れ、連続ボーズ確定。
 「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」と伝説三輪泣きが入っていたところに、紅蠍より「新河岸で三回連続ボーズなし!」とメールが入ってくる。
 ピーナッツDRで釣れたとのこと。
 ノーフィッシュに終わって面白くない朕は、先日のシーバスがDTで釣れたということを思い出し、涙目になりながら「新河岸の魚はクランクベイト引いてくるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と、伝説三輪式で返信した。
 結局、ナマズラリーが始まる気配は無く、2020年は三桁釣果を得られるのかを気にしながら狸島を後にした。
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード