FC2ブログ

夫子曰く、魚釣りしてるくせに魚釣り知らへん

 4月22日。

 連日の釣りという低レベルな競争への参加は四月一杯可能である。
 これだけの時間があるのなら、朝から晩まで釣りをしていることも可能な御身分だが、そうしないのは日中の魚は釣り難いためだ。
 難しい魚を釣るのに時間を費やすのはしんどいだけ。
 いかに朕が釣り廃人であろうと、伝説王倫氏のように「オレはよお、釣れなくてもフィールド立ってルアーキャストしてるだけで満足なんだよ」とは思えない。
 その釣れなさにかけてはもうひとつの伝説とどちらが上かというほどの王倫氏だが、いつしか渓流釣りに転向し「渓流はバスみたく簡単じゃねえからよお」と言ってルアーフィッシング引退してしまった。
 そんな王倫氏がバスを釣ったところを見たことのある後輩は一人もいない…。
 伝説三輪氏やもうひとつの伝説は再び見られることもあるかもしれないが、王倫氏は多摩川の人ではないし、消息も不明。よって降臨は絶対に無いと断言できる。
 ベテラン釣り師でありながら空前絶後にヘボい初代伝説のことは我が記憶として生きるのみだ。
 ちなみに、王倫氏は朕の最初のルアーフィッシングの師匠である。故に王倫氏に師事した二年間は、朕も伝説三輪氏並みかそれ以上にヘボかったのである。
 教える人に恵まれなければ、教わる側の人は向後苦労することになる。
 教わる側の人は教える側の人の釣りをよく見ておいたほうがいい。
 その人はよく、或いはまあまあ釣るけれども自分には釣れない程度のことなら問題は無いが、その人はほとんど釣れないのに、釣りについて饒舌であるなら要注意。
 彼こそは第四、第五の伝説、もしくは未満人であるかもしれない。
 師が伝説人であったせいで、まともに釣れるようになり、この分野の面白さを吟味できるようになるまでえらい遠回りをすることになってしまったが、何とかここまで辿り着くことができた。
 かくして夕刻近付く頃、いよいよ貧乏長屋を出るに至った。

 降臨跡を通過し、狸島から五本松対岸までを見に行くことにする。
 季節が進んだことにより、冬には何も無かったこのエリアにも進展があるはずだからだ。
 プレミアモノであるらしい自転車が停まっていた場所は、空き缶置き場に変わっていた。このことはナマズラリーと何か関係があるのだろうか。
 台風の大水は草木や凹凸を削り取り、平坦で見通しの利く洲に作り変えてしまった。
 これではやり合ったはずの相手から身を隠すことはできない。疚しいところがあると何かと大変なものだ。
 希望の中洲を歩き、川岸に到着。
 魚のサーチというよりも、変化を捉えることを目的に流しながら進んで行くと、上流側の瀬で魚がばしゃついているのが見える。
 マルタだ。
 対岸には太い流れに向かってルアーを投げている釣り人が何人か居たが、瀬は眼中に無いようで、修羅に見咎められかねないポイント独り占めをすることが出来た。
 ルアーを傷めつけ、研いでもすぐに鈍くなる化学研磨フックに悩ませられながらも、コイ1匹、マルタ5匹をキャッチ。
 ニゴイも来ていたのは確かだが、これはアタったとかバレたとかそんな話に終わる。
 もし嬴氏フックシステムを用い、ナマズラリーレギュレーションに則っていたなら、1キャスト1フィッシュの引っ掛けも可能な状況であり、二桁釣果となっていただろう。
 ただ、朕にはそんな魚を臆面も無く「釣れた」と誇れるだけの度胸は無い。
 完全に陽が沈み、風が穏やかになってきたことと、瀬が沈静化してきたことにより、狙いの意識をナマズに切り替える。
 水はぬるささえ感じられるほどだったので、激浅のフラットにも回って来るはず、とトップウォータープラグで流していたところストライクを得る。
 ポイント独り占めの最大の利点は、フィッシングプレッシャーを最小限に抑えられるところにある。
 プレッシャーさえ緩和できれば、ルアーやメソッドに多少拙さがあっても誤魔化しは利く。
 とはいえ、押さえるべきところを押さえられていなければ、夕暮れから夜更け過ぎまで、散らし鈎をあしらったルアーを投げ続けるだけのバカ釣りの領域に踏み込んでしまうことになる。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

こちらは先日7回連続ボーズなし!が途絶えました。

今日はちょい早めに出て中野島堰下の合流点見て考えます。

宿河原堰下はばかみたいに人が居るので最近は避けてます。

失礼ミステイク…
上文 淳于髠ね…。

えっ! この日17連続ボーズなし!が途絶えた。焦りで右往左往…マルタでもいれば…だったのに…増水で下流ばかり目が…五本松界隈なんて想像できず!見かければ泳いで渡ったのにぃ 
増水シーバスナマズ連、雷魚スッポンと好調宿河原堰下で張り付き。平水気味になり日活水門前右岸瀬で放流でない大きさ新仔鮎が爆裂。両堰下では釣れないのに…。New大作瀬オイカワ不発…ベイト情報こんなですかね…
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード