FC2ブログ

廃公

 4月18日。

 予報通り大雨が降った。
 ライブキャメラ映像を見て多摩川を諦める。
 しかし、釣行そのものは諦めていない。
 金が無ければ女も居ない負け組の朕ではあるが、優れた移動の足は持っている。
 釣れるなら何でもですな姿勢はもうひとつの伝説と同じ朕だが、決定的に違うのは、釣るための手を施したうえで言っているのかどうかである。
 朕はただ投げ易いからというだけでルアーを選ばないし、泳がせ易いからというだけでリトリーブコースを決めたりはしていない。
 釣れるなら何でもですの姿勢でいるのなら、今日のような日はシーバスを狙いに行くのが妥当なところだろう。
 増水によって川に上がってくる個体も出てくることが考えられる。しかし川は流下ゴミや陸地の冠水により、釣りがし難くなっているかもしれない。そう思えば、海の方が何かとやり易そうだ。
 気になるのは若潮であるということ。
 実は、朕は若潮については良いのか悪いのかがわかっていない。
 どんな潮回りの日でも釣れることはあるし、大潮中潮の日でも釣れなかったこともある。
 ただ、釣れる釣れないを測るうえで、潮回り、月齢の知識を有しておくことは、流行のメソッドや最新の道具について知っていることより重要なことであり、軽視できないことなのだ。
 細かい理由はともかく、ずばり若潮は良いのか良くないのかを知りたい。こういうことは漁師がよく知っている。
 ということで成増花和尚の紅蠍を捕まえて訊いてみたところ、ダメな潮、との返答。
 但し、という条件も無いわけではないようだから、例えば今日のような大雨の影響がマイナス要因を打ち消すこともあり得る。
 ここに至り、ようやく「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」となる。
 かくして、雨が上がったところで小島新田に向かった。
 ラバーコーティングのネットを手に入れた今、シーバスフィッシングへのためらいは一切無くなっている。
 原付では丸子橋まで行くのも苦だったが、今の足ならこの道程は快適そのものである。
 時に高速道路も使えたらと思うことも無いではないが、あらゆる現実を考慮すれば、これが身の丈に合っているといえる。

 小島新田。
 岸際にベートの大群が見える。
 ただ、個体の平均サイズは前回来た時同様きわめて小さい。
 理想的な条件を備えたポイントを求めて走り回りたいところだが、この広大な港湾エリアでありながら、入れる場所は猫の額程度のわずかなところしかない。
 小型のジャークベートやペンシルベートで流してみたが反応は得られない。
 これだけの規模のベイトが居て反応を得られないのは何故か。
 ルアーが合っていない、ここにシーバスは来ていないといったところか。
 水面を観察しているうちに、水面に早い動きの航跡が現れるのを見る。
 水中で魚が追われているに違いない。
 そこで、少し深いレンジを引いて来られる基盤リップのベビーシャッドに結び替え、底寄りを長く引いて来られるリトリーブを試みる。
 長年通って大まかな地形は把握しているのでリトリーブコースに間違いは無いはず。
 程なくしてバイトの感触を得る。
 メソッド、ルアー共に万全だったのか、丸呑みであった。
 しかしそのせいで流血沙汰に…。
 リリース後、潜って逃げてはいったが、その後永らえられるのかどうかについては怪しいものだ。
 いよいよ群れが入ってくるのかと期待したものの、結局単発で、日没後も進展は見られなかった。

 その後、伝説記念公園まで行ってみたが、小島新田より気配が薄く、再び戻った小島新田もベイトフィッシュの気配のみであった。
 朕は確信や見込みを得られないまま、ただルアーを水に浸ける作業を繰り返して釣れるのを待つ釣りはとことん苦手である。
 実験ブレークが依然入れない状態が続いている以上、続けるのは不可能である。
 ひとまず○回連続ボーズなし!の伝説式自慢権は獲得できたものの、修羅のように鬼の首を獲ったかのごとくはしゃぐ気にはとてもなれなかった。

 帰り支度を始める頃、公孫戍よりメール着信あり。
 通信会社を乗り換えて、遂に携帯電話が復活したのである。
 昨日、中野島堰上に入り、ペケニシモから40クラスまで7匹のスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 これを見て、中野島は釣れると思って中野島へ行こうとする輩も発生することだろう。
 しかし、これだけは言っておかなければならない。
 普段の釣りで釣れていない者が、他人の釣れたポイントへ行ったところで、結局普段と同じく釣れないだろう。
 無駄にプレッシャーをかけるのがオチである。
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード