FC2ブログ

ホッパープロッパーLBO

 4月16日。

 思いのほか早く起きられたので、伝説三輪氏いうところの朝練とやらに出る。
 かつて、度々朝練とやらに出ていた修羅だったが、練習したからといって上手くなることもなく、その経験が後に役に立ったという話も聞かない。
 仰々しく銘打ったところで、朝練とはそんな程度のものである。
 予報を見れば北東、北北東の風。
 ならばポイントは下流側の韓流ポイントか。
 韓流の地形は昨年とまるで違っているが、相変わらずカバーコンタクトと根掛からないための工夫が求めらられるポイントである。
 そこでライトリグ用のセントクロイ・プレミアS66MLFにトライリーン8lbを巻いたアルテグラ3000を載せたタックルで韓流ポイントに向かった。

 韓流入りしてみれば、堰から新川河口に至るまでまんべんなく釣り人が居り、平日でありながら修羅の捕食に対応可能な状態になっていた。
 風は予報とは違い、下流側から吹いてくる南方面からの風。
 堰は開放されたままで流れは強く、水量も相変わらず多い。
 風向き的には微妙な感じだが、これだけはっきりした流れがあるのならカバーも侮れない。
 と、リグを組んでいると高漸離から釣果報告あり。
 バズベートで気持ちのいいバイトを得られたと御満悦の様子。
 何処其処で○回連続ボーズなし!の伝説式自慢権を獲得できた次第だが、高漸離は伝説とは無縁の人であるため、気の利いた僻みコメントで返せないのが残念である。
 実釣開始。
 ただルアーを水に入れて反応を期待するだけの釣りは朕にはできないことなので、減水時に見た地形の記憶を頼りにカバーに依るバスを、というつもりでベイトを引いてみたが、思い通りにカバーをトレースできている感触を得ず。
 このまま続けていても徒に時間が過ぎていくだけのことなので、風の当る側になる狸島まで移動してみることにする。
 まだ重機が動いていないこともあり、可能性があるように思われたのである。

 狸島に入ってみたところ、すぐにスモールマウスを発見。
 しかし、向こうもこちらが見えていたのだろう。
 逃げるでもなく、悠然と沖側へ泳ぎ去っていった。
 ナマズの回遊も度々見られたが、近くをルアーが通ったり、着水音がすれば脱兎のごとく逃げて行く有様。
 水深が浅く、これといったカバーも無い一帯にただプレッシャーを掛けに来ただけのようだ。
 重機が動き出したこともあり、夕刻に改めて来てみることにする。

 急遽生じた所用を済ませ、夕刻からの狸島に臨む。
 停滞に入っている潮回りと、水温を上げるには足りなかった日中の気温じゃ大きなマイナス。水位と風向きがどれだけプラスに働いてくれるかに懸かっている。
 あまり良い状況には思えないが、ナマズラリーが行われていた頃は、無いと思われていた自然条件の時でも、とんでもない夜更けに釣果が上がってきていたりもしていたぐらいだから、何とかなるかもしれない。
 とはいえ、可能性を測るのは堰が閉じられ水位が回復してからの話。
 水位回復までどれだけ待たなければならないのか不明ながらも、ひとまず狸島に渡ることにする。

 日没後、水位の回復が認められるようになり、いよいよ新川で鍛えた本気を出すべき時が来る…が、たまに程度にバイトが出ることはあるものの、いずれもルアーに触れていない。
 追いは見られても食うまでには至らないのは何によるものなのかある程度の見当はつくが、打開の手立てが思いつかない。
 寒さが堪えるようになってきたこともあり、まだ20時を少し過ぎたばかりではあったがここで諦めてしまった。
 こんな体たらくでは、釣れるまで、引っ掛けるまで続けられるナマズラリーにはとても参加できやしないだろう。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード