FC2ブログ

PIコンフィデンシャル

 4月6日。

 南風が吹いた。
 浅いレンジでの速い釣りを好む朕は、迷うことなく登戸上流側を目指した。

 降臨跡。
 三人の釣り人が居り、そのうちの一人はセニョールだった。
 朕とセニョールは知り合いだが、どちらもミュージシャンではないので握手はしない。近況の報告をもって挨拶とするのみである。
 風向き、波立ち加減がちょうど良い具合だ。
 ンボいただき!とばかりに面を流してみたが、釣れないナマズを見るだけだったので、降臨跡を捨て、狸島に行くことにした。

 ナマズラリーが行われた現場、狸島。
 夕暮れから夜更けまでの釣果からは学べるものも無く、昨年の台風を経て様相も大きく変わった。
 「オレだってこんなもん」ではなく「オレはこんなもん」というのが正しい表現のはずだが、そうならなかったのは不遜であるがゆえであろう。
 狸島から五本松対岸までを歩き、キャストしていった感触から、特に留意すべき場所は変化の諸要素が接近し、ベートフィッシュの姿も見られた狸島岬の一帯だと判断する。
 とはいえ、カバー要素が弱く、ベイトフィッシュの群れもフィッシュイーターを狂わせるだけの規模のものではなかったので、然るべき時が来るまで狸島から離れることにした。

 降臨跡に戻る。
 朕が狸島を見て回っている間に、セニョールは30クラスのスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 水位回復後の先触れの個体なのだろうか。この一匹から想像されることを口々に弁ずるが、いずれも正解ではないということは目の前の現実が示している。
 重機の起こす地響きが魚の行動に制限をかけている今、南風が吹き荒れるほどにでもならなければ進展は望めまい。
 工事が終わるまでイージーキャッチは無理だと諦め、伝説が跳梁していた時代の話をして過ごす。
 そうこうしているうちに17時の鐘が鳴り、重機が動きを止め、魚の動きが活性化していくのが見えるようになってくる。
 これからだ、というところだが、残念ながらセニョールはここで撤退。
 朕のような持たざる者ではないので、魚の動きに合わせた行動が取れないのである。

 狸島に渡る途中、コイの群れに紛れているライギョを発見し、ンションが上がる。
 これを釣ってやろうというわけではなく、つい先日まで水の無かった所にライギョがやって来るほどになったことを喜んだのである。
 やがてチャガースプークに小さな魚のバイトが出る。
 魚種まではわからないが、重機の動きが止んだことが引き金になったのだといっていい。
 本流側に向かって泳ぐナマズや、ルアーを追うナマズの姿も見えるようになってきた。
 リトリーブスピードには特に気を遣うのがナマズラリーの釣法だというが、朕はアップクロスで引いた時のパホーマンスを重視する。
 ベイト選択は、何となく良さそうと思えたものを用いるのではなく、釣る場所、釣りたい魚を意識して用いる。これが散らし鈎を不要とし、釣れるまで、引っ掛けるまでひたすら粘らずとも釣るための法である。
 そして、日没後にナマズをキャッチ。
 何やら後出しジャンケンのような物言いになってしまったが、ルアーフィッシングに親しむなら当然知っているはずのことも知らず、ふてぶてしくも既に出ている答えに反論してくる者がいたからである。
 やがて北風が吹き始める。
 微風程度ならば続けても良いが、水面が波立つようになってきたのでここまでとした。
 魚が居なくなってしまうこともないのだろうが、魚の意識する方向が変わってしまうのは間違いなく、朕にはその変化に対応できるだけの技量が無いためだ。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード