FC2ブログ

妄夫耗富ポンラ

 4月3日。

 昨日、もうひとつの降臨跡に入っていたという鄒衍すうえんより、バスもナマズも釣れなかったが、マルタが釣れたとの報が入る。これで「多摩川で三回連続ボーズなし!」となる。
 漆園史に於いて、二回連続ボーズなし!がただ一度あったきりの修羅と違い、普通の腕前さえあれば釣行毎にキャッチするのは特に珍しいことでもない。悲しいかな、新川で釣ったことのない大したことねえやつらの方がよっぽど釣っているというのが事実である。
 「おめえら大層な御託並べてる割には釣れてねえじゃねえか
 とは、三輪氏自らに発した言葉だったのかもしれない。
 「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお
 姿勢の違いをアピールしたところでヘボいという現実は揺るぎようがないというのに…。
 それでも三輪氏は他のレジェンドたちより何倍も釣れているのだから、伝説人の世界とはいかに常軌を逸しているのかと驚愕するのである。
 伝説人は、釣り人としてこうあってはならぬというものを身をもって教えてくれる良き師といえなくもない。
 故に、朕はいつでも降臨を待ち望んでいる。

 迎えた当日。
 水位が回復し、気温も上がってきたこともあり、この日は降臨跡から狸島に渡り、ポンスキーにスナック菓子でも食わせてやるつもりでいたが、帰宅したところハンドルのがたつきに起因するシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気が押し寄せてきたことにより出発が遅くなってしまったことと、出発直前に、淳于髠じゅんうこんが足マンキー場下でフッコを釣ったことを知り、二匹目のドジョウというほどでもないがマルタ瀬一帯の様子を見に行くことにした。

 道中、水道橋から川を眺めれば、工事中の水門が本流と繋がっていた。
 水門から水が吐き出されているのかまではここから確認できないが、程なくすればこの周辺に釣り人が殺到する光景が見られるようになるだろう。
 これに呼応して、修羅が捕食に来てくれれば良いのだが、と思いつつ、どうせここはすぐにフォロワーサンたちの垢に塗れてしまうのだろう、と素通りし、マルタ瀬に直行。

 相変わらず水量は多い。
 フッキングを一度も決められたことのない瀬で開始早々にニゴイらしき魚のストライクを得るが、今日もまた流れを凌ぎきれずフックアウト。
 そして反応はこれきりで、魚の出入りも見えない。
 もうひとつの降臨跡に見える釣り人が三人程度だったのでマルタ瀬を捨て、もうひとつの降臨跡へ移動することにする。

 もうひとつの降臨跡対岸流れ込みではコイとマルタの盛んなる様子が見える。
 日没が近付くにつれ釣り人たちが撤退していったことにより、バイトを得られるリトリーブコースを自在に探すことが可能になり、日没前にニゴイを2匹キャッチ出来た。
 一度は途絶えた○回連続ボーズなし!への道が再び開けてきたことに安堵する。
 しかし、ここでもやはりベイトをしっかりと通すのに難儀したうえ、レンジバイブTG以外のベイトはまったく使いものにならなかった。
 日没後、朕がキャストしているのにもかかわらず、そこへやってきてずかずかとポイントを潰しにかかる釣り人を装った馬鹿が現れたので一喝。
 おしかつんぼなのか、まったく無視して歩を進めるので強めに怒鳴ったところ、ようやく無言のうちに去って行った。
 釣り師でありながら間合いの取り方を知らない輩を度々見かける。魚が釣れないのはメソッド以前の問題であるということに気付かないのだろうか。
 何はともあれ、間合いを知らない馬鹿を退けた甲斐あって、ベイトのコントロールやフッキングに苦労しながらもコイを追加。
 シーバスキャッチの報に踊らされて堰下エリアに入ったのは事実だが、もうひとつの伝説同様、釣れるなら何でもですな姿勢の朕はシーバスが釣れなかったからといってがっかりすることもない。
 ノーフィッシュを回避できたので「今日のオレの仕事は終了!」である。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード