FC2ブログ

オレのニーズには合ってる

 3月16日。

 擦れ掛かりのマルタやコイを力ずくで寄せた程度でおかしくなるような軟弱なリールには困りものだ。
 SVSが熟成に向かう進化を続けていたなら迷うことなく頑丈なシマノを買うところだが、フライングアームブレーキになってしまった今、どうも信用できない。
 結局、昨日異常を感じるまでは一切のトラブルが無く、使い勝手の良かったジリオンを修理に出すことにした。

 風が強い。
 水温気温低下の流れにある今日は、ナマズのことは捨て、日中はファストリトリーブでブラックを狙い、光量が落ちてからはアップクロスでコイ科を狙うのが良いだろう。
 そんな釣りをするのであれば高ギヤ比のリールで問題無い。
 ということでセントクロイ・プレミア66Mにスコーピオン7・1501を載せて、もうひとつの降臨跡に向かった。

 もうひとつの降臨跡。
 対岸には中途半端に水に浸かり、ポイントを潰し続ける馬鹿四人組が居たが、幸い、奴らがウィンディサイドまで脅かすことはなかった。
 ウィンディサイドの上流側には周通と桃花山の手勢。
 ライブベートで既に二桁のブラックをキャッチしているという。
 釣れるバスのほとんどに切れたラインやワームが付いていたとか。
 呑まれて初めてバイトに気付く者、むやみに細いラインを使う者が多いことの弊害である。
 そもそも釣れたという話だけ聞いて、ただルアーを水に入れているだけだからそうなるのだ。
 周通はバスだけでなく、巨ゴイまでヒットさせていた。
 風が強くなって濁りが入るようになると、蝦よりもザリガニへの反応が良くなったという。
 状況ごとに変わる有効なベイト。
 ライブベイトをしてもこうなのだから、ただルアーを水に入れて釣果を望むだけの人は、まずライブベイトフィッシングをやって魚の釣り方、釣れ方を勉強した方が良い。
 バスはそれなりの数が存在し、活発に動き回っているかのようである。
 しかし、ジャークベート、リップレスクランクで流してみても反応は得られない。
 それならばと、速い、遅い、見せる、見せない、上、下、と切り替えながらのルアーチェンジ、リトリーブを一通り試みたが、追いさえも見ることがない。
 そして相羽リグは相変わらず釣れ続けている。
 強風、濁りという自然条件の下でも、ベイトがしっかりバスに観察されてしまっているのだ。
 こうなった時にルアーでどうにかしようとするのは朕の苦手とするところ。
 自分がやり易いことで釣れる魚を求めるのが我が釣法、ということでもうひとつの降臨跡を捨てることにする。
 マルタ瀬に移動しようとしたところ、公孫戍に会う。
 今日は韓流でナマズ二匹、スモールマウスを一匹キャッチ出来たとのこと。こちらはルアーでの釣果である。
 対岸には相変わらず自ら潰したポイントの魚を釣ろうとしているテクニシャンたちが居たので、もうひとつの降臨跡の最も変化が重なるポイントは釣りにならない。
 やはりルアーでの釣果を望むなら、マルタ及びそれに付随するコイ科を狙った方が良さそうだ。
 公孫戍も一度はマルタに食指を動かすも、ポイントがここから二、三里(中国里)以上先にあると聞いて断念。
 朕は単独でマルタ瀬に向かった。

 マルタ瀬入りしてみれば、最も盛んな瀬の川崎側にはルアーマンが一人居るのみで、入れる余地は十分にあった。
 しかし、川崎側からはバイトを得られるリトリーブコースを取りづらいことが判明。
 先行者のルアーマンは度々マルタを掛けていたが、いずれも擦れ掛かり。あの立ち位置から盛んな場所までベイトを送り込むのは可能だが、ベイトを追わせるリトリーブコースを通すのは不可能なのである。
 最も肝心なところを押さえられていない。
 ルアーフィッシングとは、ルアーを食わせてこそと信じる朕は、魚影は薄くともバイトを得られるリトリーブコースを引いてこられる二級の瀬に移動した。

 二級瀬は前回釣れた日より水量が増えた影響か、盛んになることはなかったが、魚の出入りは時折見え、辛抱強く機を待つことが出来た。
 結局、日没を過ぎてからコイがヒットし、ひとまずノーフィッシュを免れる。
 先輩史官がまだもうひとつの降臨跡に残っているのなら、結果を報告し、いちはやく主君の耳にも届くようにしておきたい。

 と、もうひとつの降臨跡に戻ってみれば、釣り人は一人居るのみ。
 そしてあれは公孫戍ではない。
 ポイント潰しのテクニシャンたちが消えたポイントで数投してみたが、どうも違うような気配。
 コイ一匹では物足りないが、不遜にも「オレだってこんなもん」と開き直り、納竿することにした。
 朕はミュージシャンではないので握手はしないのである。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード