FC2ブログ

悶モスマ

 2月7日。

 ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならないどうにもならない眠気から覚めた時、既に陽は傾いていたものの、まだ十分な明るさがあった。
 昨日はから寒く、今日は穏やかではあるが気温は上がっていない。
 こんな日は本流よりも水温が高い場所に限る、ということで調布水門に行くことにした。
 先日届いたラッキークラフト会員クランクはスイムチェックするまでもなく、即座にラトル音を殺してやった。
 がちゃがちゃと甲高く鳴り響くラトルが有効になる場面というのは、少なくとも多摩川に於いては限定的であり、またその数少ない好機にフィールドに行けるとは限らない。
 そんな、得られるかどうかも怪しい希少な機に備えるよりは、通常の機に備えるほうが現実的であると考えているからだ。
 更に、この先、ルアーを見たことも無いようなバスで溢れているようなフィールドに行ける機会も無いだろう。
 よって、過ぎたアピールはかえって魚を遠ざけるマイナス要因と見做している。
 という訳で、朕は作り手の意向をまったく無視して消音化の一手間をかけたのである。
 かつて、まだ登戸降臨跡が降臨跡とは呼ばず、ただの水道橋下と呼ばれていた頃、多摩川の釣りは他のバスフィールドに比べて遅れている、と得意げに語られているのを小耳に挟んだことがある。
 しかし、実際は遅れているとか進んでいるかなどを気にしなければならないのは陰陽の巡りであって、釣り人間でのことに関しては気にすることなど全く無いのである。
 確かに魚を掛けてくるのは道具だが、そこじゃねえ、そこじゃねえんだよ、というものだ。

 調布水門前。
 最近ここでの釣果が囀られたのか、下流対岸のフラットに三人ほど浸かっているのが見える。
 先日の終日降り続いた雨に伴う増水の影響で、本流からの流れ込みが太くなり、釣れていた時と流れが変わってしまっている。
 以前のようにはいくまいと思いながらも、見て取れる変化は十分にあり、水は冷たすぎるというようにも感じられず、多数のコイの他、スモールマウスの姿を見ることもあった。
 早々に日没の時を迎え、ナマズの徘徊を待つ。
 なかなか反応を得られず、やがて朕が御不浄に立たれたところ、上流側に居た釣り人が魚を掛けていた。
 ライトタックルでのランディングだが、巧妙ないなし方に興味を覚え近付いてみた。
 どうやらバスではない様子。
 ナマズならいいのだが、と、寄せてみればニゴイ。
 この釣り人、リリースの手際も鮮やかで、ただ人ではないと思われたので話を伺ってみることにした。
 予想通り、経験を積んできたルアーマンで、修羅や雉族のようなベテランには理解できない抽象的な釣りの要諦の会話となった。

 水面についばむような波紋は見られていたので、おそらくはコイやフナの類だろうと思いながらも、しつこくキャストを続けてみる。
 しかし、バイトの感触はいちども無いまま時間が経過。
 ただ実績ポイントでルアーを投げている訳でもないので、反応を得られないのはこちらに何か誤りがあるためだと悟る。
 今日はここで釣れるだろうと信じて疑っていなかったために、釣れない言い訳は必要ないと思っていたが甘かった。
 せめてプラグに嬴式フックシステムを組んでおくべきだったかもしれない。スイムバランスなど何処吹く風で散らし鈎を追加し、触れた魚は何でも釣果にできたに違いない。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 根本ドブ

おお、ありがたや!
旱天の慈雨とはまさにこのこと!

根本ドブ

川崎の根本ドブ、バチ抜け一発目始まりました。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード