FC2ブログ

降臨の群れ

 1月14日。

 昨日、もうひとつの降臨跡の人出は多かったとのこと。
 休日の人出が多いのは、捕食好きの修羅にとっては喜ばしいことだろうが、釣り難い状況の中で釣るのは避けたいところ。
 そんなもうひとつの降臨跡ではあるが、釣れているのは事実で、鄒衍すうえんより、エバーグリーンのペラ付きワンダーでスモールマウスをキャッチしたとの報が入る。
 また、公孫戍がスモールマウスとナマズをキャッチし、多摩川レギュラーターゲット二種目を達成していたことと、夏侯章がナマズをキャッチしていたとの報も併せて伝えられる。
 ポイントが晒されたために人が増えて釣れなくなってしまったのは、その原因がフィッシングプレッシャー以外のところにあると見るべきだろう。
 いうまでもなく多摩川はパブリックウォーターである。先行者が居れば話は別だが、釣りたい人が釣りたい場所に入るのは当然のことであり、自分だけのポイントなるものがあるわけなど無いのが道理だ。

 迎えた当日。
 堰下もかなりフォロワーサンの知るところとなった感がある。
 フォロワーサンや乞食の分散のためにも新しい実績場所を探さなければとは思うが、今日は時間的にも体力的にも、ポイント探索にかけているゆとりは無い。
 結局、もうひとつの降臨跡に入る。
 世間様と休日を同じくしない身分の者を蔑みながらも、平日に目撃されることが多いもうひつの伝説が来ていないとも限らないというのもここを選択した理由のひとつである。

 と、ポイント入りしてみれば、平日とは思えないほどルアーマンが居る。
 ネット上で何かを見つけて、フォロワーサンからフォロワーサンへ、マイミクサンからマイミクサンへ伝播していったのだろう。
 そんな探し方では、今ここで釣れたとしても、ここが潰れた時、他では通用しないというものだ。
 修羅は好んで使っていたが、ネット発祥の俗語はどうも気色が悪くて馴染めない。
 それはともかくとして、現状で朕に釣れる魚は居ないと見て、素っ首リグの調整に専念することにした。

 陽が傾くころ、鄒衍が現れる。
 昨日の詳細を聞きながら人が減るのを待つ。
 上流対岸に淳于髠じゅんうこんが見えたので、上流側が空いたのを機に淳于髠の視界に入るように移動。
 淳于髠はちょうど帰るところで、
 「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお
 と、伝説三輪式のオレは負けてねえアピールで来たので、朕は、
 「何だ、もう帰るのか。おめえには根性が無え
 と、伝説三輪式の慰労で返した。
 道に在る者は礼を欠かさないのである。
 しばらくはカバー及び、スモールマウスを意識したあれこれを行っていたが、日没が迫るのを機に、意識をナマズに切り替える。
 もはやスモールマウスよりナマズの方が見え易くなっているのだ、と、ナマズの通るであろう一帯にキャストを続けていたところストライクを得る。
 寄せてみれば40少々のスモールマウス。
 JCDはナマズを選んで釣ることのできるベイトだと豪語していた朕の説は呆気なく覆されてしまったが、スモールマウスにも有効なのだと知り、ますます手放せないベイトになるのだった。
 ナマズも釣って二種目達成といきたいところではあったが、以降、捉えることが出来ず、やがて集中力も切れる。
 まあ、根っからのバサーに限ってバスどころかナマズさえも釣れないのが現実なのだから十分でしょう、という結論に至り、納竿とした。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード