FC2ブログ

成城ドレスコードパン

 12月28日。

 世間は年末休暇に入っていることだろう。
 そのうえ土曜日である。
 有力なポイントには先行者が居て思うように攻めきれないということもあるかもしれない。
 しかし、それはそれで構わない。都会の川なのだから。
 降臨を見ることが出来れば十分だ。
 修羅の好物は尽きることが無く、はぐれ者は捕食こそ行わないが、気軽に話しかけてきてその釣りの底の浅さを披瀝してくれる。

 この日は、公孫戍と夏侯章が堰下に行くと言っていたので、主君に挨拶してから、夕刻の調布水門で勝負のつもりでいたのだが、帰宅して昼食を終えると、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気が押し寄せてきたので、堰下行きを諦め、一寝入りしてから調布水門に入ることにした。

 夕刻、調布水門に入る。
 既に鄒衍が来ていたので「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説三輪式で到着を報せた。
 早くも日没がやってきて、盛んという感触を得られないまま、アタったとかバレたとかそんな話があるのみ。
 ナマズの姿を見ることができても、取り込めなければ意味が無い。
 連日叩いて学習されてしまったのか。そうなるほどに個体数が少ないのか。
 諦めついでに帰り際水中を覗いてみれば、無数のベートフィッシュ、コイ、フナの群れ、そして流れとカバーの境界をうろつくナマズ二匹。
 単に狙い処がずれていただけのことだった。
 やはり新川で釣ったことの無いやつは大したことねえんだな、と思い知らされての解散となった。

 一方、この日、堰下と韓流に入っていた公孫戍と夏侯章といえば、公孫戍が30、40クラスのスモールマウスを2匹、夏侯章がペケニシモのスモールマウスを1匹キャッチ出来たとのこと。
 公孫戍の携帯はまたしても不調に陥ったため写真は無い。普段釣れていない者は虚偽だと思うことだろう。
 滞りない施しのために、そんな携帯ちゃれ!と言いたくもなるが、公孫戍とて漆園のみに生きるにあらずという訳で、そうもいかないのである。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード