FC2ブログ

アミランとタリエルの違い

 12月23日。

 先日の手前ばらしに懲りたのでグラスロッドを引っ張り出し、かねてより探索しようと思いながらそのままになっていた狸島に向かう。

 降臨跡を通ってみれば、マフィアがその暴力を存分に揮っている。
 故、船戸与一先生が“国家とは犯罪を独占する組織である”と述べていたが、その通りだと思う。
 から不気分になりながら、狸島入り口にプレミアとかレアとは無縁の自転車を置き、ポイントまで歩く。
 狸島の流域は見事な変化が出来ており、魚が寄る、或いは通る要素がわかり易い形で見えていた。
 ただ、見える魚があまりにも少ない。
 水温が下がっていることと無関係でもないだろう。
 一流ししてみるも、トップ、ボトム共に反応が無く、日を改めて入ってみることにし移動。
 この一帯で一晩中続ける散らし鈎釣法は今でも釣れているのだろうか。バーブレスフックならすべからく魚に優しいと勘違いしている大馬鹿。その前に地上でさんざん釣れた魚をのたうたせこねくり回していることの愚を考えられないのだろうか。「ありがとう」といえばそれで優しいというものではない。相手は魚なのだ、人間の思いなど理解できるはずもない。そもそも魚に優しくしたいというのなら釣りなどしないことだ。
 リリースする理由を、独善的な観念の元に成り立たせているからおかしな話になるのだ。
 そういえば餌付けされた狸はどこを徘徊しているのだろう。
 と、狸島を後にしようとしていたところ、もうひとつの降臨跡に入っている公孫戍より、ショウダウンブレード讃と共に釣果写真が送られてくる。
 52、3センチとのこと。
 公孫戍は今年、何匹かの50クラスとオヤニラミの功がある。
 どれほど汚ねえ唾を吐きかけられようと、その輝きは穢しようが無い。
 朕は「公孫さんとは狙ってる魚が違いますから」と返信したが、これは決して汚ねえ唾の類ではなく、捉え難いスモールマウスより、比較的測り易いナマズをターゲットに据えていたためである。

 調布水門。
 ポイント入りしたところ恵施けいしが居た。
 是政で暴漢に襲われた後「オレの舌はまだあるか?」と、嫁に訊いたかどうかは定かでない。
 朕は、何故今日はグラスロッドを持ってきたのか、大いに顎をしゃくって解説し、得々と今後の予測を語った。
 恵施撤退後、日没後を迎え、いよいよ新川で鍛えた本気を出すべき時が来る。
 この日は増水に伴う流れが強く、レアリスバイブ、JCD、ザブラバイブ、ローリングベート、アレックスタイプⅢを引いていたが、アップストリームに引いて最もバイブレーションが伝わるがアレックスだったので、これを多用した。
 優れたベイトであると再認識出来た次第だが、ベルズはもうこの世に無い。
 ロストしたらそれまでである。
 それでも釣果を望むなら使わないわけにはいかない。
 結局、雑なランディングが禍し、アレックスとJCDでストライクを得るも、アタったとかバレたとかそんな話に終わってしまう。
 生来の癖は簡単に改まるものではない、と気力を失い、撤退とする。

 帰宅し、「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」と、伝説式大人の余裕をくれていたところ、その後も堰下で続けていたという公孫戍からの報が届く。
 同じポイントにTKツイスターを流し40クラスのスモールマウス、ショウダウンをしゃくって尺超えのフナをキャッチしていたのだった。
 修羅な偽りの余裕は呆気なく剥がれ、
 「殺してやる…殺してやる…」 
 と、伝説三輪泣きする朕であった。

 ※マー語


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード