FC2ブログ

釣才、文才、獏才

 12月10日。

 狸島から中野島堰下のポイントを探索せよとの王命を受け、信任されたことを喜ぶ朕ではあったが、この日はハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるほどではないものの、微妙に眠気に冒されていて、さらりとやってすんなり帰れる場所にしようと思い、探索は先送りとし、調布水門に入ることにした。

 水門より二段下の瀬下からスタート。
 上流側から見ていたときは良いポイントに感じられていたが、実際はただ強い流れが抜けていくだけで魅力は無く、結局、いつでも釣り人の居る調布水門に入ることにした。

 やや濁りの入った水に、サイトフィッシングを諦めざるを得ず、特に期するものも無かったので、ラトルを殺した新型レアリスバイブの動きをチェックしたり、ハナクソをほじったりしながら時間を潰す。
 光量が落ち、水面に小魚の波紋が見える頃が、現在のこの場所のナマズ徘徊のタイミングである。
 思考をもって行動を決めるような対象ではないから、今日も同じ動きをするはず、と日没を待つ。

 日没を迎え、岸沿いの緩みではなく、流れの通る付近でバイトが出るようになる。
 新型レアリスバイブはボディーのボリュームに対してフックが小さすぎるのか、アタったとかバレたとかそんな話から先には進まない。
 JCDでも同じレンジ、コースを通せるからと引いてみたところ、しっかりとしたストライクを得ることができた。
 リリース後、ベイトを見てみればフックが折れていたので、レンジバイブに替えて引いてみたが、これもバイトのみに終わる。
 先ほどのレアリスバイブへの反応は、フックサイズの問題ではなかったようだ。
 まだまだナマズは釣れる気配はあったが、手持ちにJCDと同じ働きをするベイトは無い。
 ここで諦め、ルアーの補修と改良を早々に行うことにした。

 帰宅後、大先生の紅蠍より、釣り好きを自称する某有名作家の書いたという一文が送られてくる。
 『釣り時どき仕事』からの抜粋だそうだが、それは酷いものであった。
 ただの下手くそが、事の本質にかすることもないままによくもこれだけのことが言えたものだ、というような文章だった。
 著作権かなんかがありそうなので掲載はしないが、自らの精進によって魚の釣り方を体得していった者にとっては不愉快この上ない内容である。
 しかし、釣れない言い訳、汚ねえ唾の類を本にしてメシを食えるのだから、それはそれで羨ましいと思うのだった。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード