FC2ブログ

エリカ様のことを想う会

 11月21日。

 転職するならハイパークリエイターが良いな、と思いながら迎えたこの日。
 鄒衍すうえんより、調布水門に入るとの連絡が入ってくる。
 この日もハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に冒されてはいたが、おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!との思いが勝り、少し早めに貧乏長屋を出ることが出来た。

 先日は一瞥するだけに止めた五本松下流側、狸島対岸の様子を見て歩く。
 鵜がベートを漁り、魚影が濃いのが想像できる。
 流れ、水量は十分。
 但し、緩み、巻き返しが寄るのは狸島岸側であって、狛江側からでは分が悪い。
 ここは日と場を改めてチェックすることにして、調布水門に向かう。

 水門前より一段下の瀬に鄒衍を発見。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ
 朕は礼儀正しく挨拶し、台風後のこの一帯の詳細を聞きながら光量が落ちるまでを過ごす。
 やはり勝負どころはあの落ち込みと緩みの一角だ、ということで先日のポイントでナマズの徘徊を待つ。
 夜の冷え込みが厳しく、日中の気温もさほど上がらなかったのでレンジが下がっているのかもしれない。
 現状から可能性を探り、ストライクを得るための法を模索するのがゲームフィッシングの常道だが、このようなことを論じ合っていると、これまでに正解はやり尽くして来た人に「おめえら大層な御託並べてる割には釣れてねえじゃねえか」と、罵倒されていたものである。
 しかし、そんな修羅の方がいつも釣れないためにやがて逃亡し、非難に晒されていた側が釣れる楽しさを味わい続けていたのだから面白い。
 フラットラップではアタったとかバレたとかそんな話より先へは進めなかったが、JCD9にしたところしっかりとしたストライクが得られた。
 時間はかかったが、とりあえず魚の顔は拝めたことにより、朕も鄒衍も脱力状態に。
 「多摩川のナマズはラパラ引いてくるのがパターン。つまらねえ釣りだ
 と、伝説式の賛辞をちょうだいし、ラパラの素晴らしさについて語らった後解散となった。

 投げて巻くだけで誰でも釣れるのがラパラの美点だが、いつも釣れていないもうひとつの伝説には勧められないのが残念である。
 何故なら、投げ良いはずの大型重量級のベイトばかり用いているのに始終バックラッシュに見舞われているからだ。多摩川で使用頻度の高いミドルサイズのラパラともなると、これまで以上にまともにキャストできなくなるだろう。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード