FC2ブログ

伝説諸氏≦たうりきとよぜんみつあゆなす

 10月6日。

 なすで釣れるのか。
 多分釣れるだろう。
 どれほど汚ねえ唾が吐かれようと魚たちは太古から紡がれてきたプログラムにあくまで忠実であり、それを理解しようと努めれば釣れる確率が高まるのである。
 昨日公孫戍が3匹のスモールマウスを韓流ポイントでキャッチしたとの報が入る。
 いうまでもなくワームとなすでの釣果である。
 といっても、相変わらず雉は啼くのだろう。
 そこで、ジョニー・ケイジは「アホな映画に出た自分を恥じて自殺する」といい、ジャーマンは「オレは独創的でしつこい」といったのである。

 迎えた当日。
 この日は潮回りの関係からナマズを狙ってみたところで「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」とキレられてしまう結果に終わる確率が高い。
 釣果を得られずむなしく休日を終わらせてしまうよりは、主君に側仕えしておぼえめでたくしておいた方が有意義だろうということで韓流ポイントに行ってみることにした。

 韓流入りすると既に主君はお見えになっていたので、朕は先輩史官の公孫戍に軽く挨拶した後、夏侯章に跪拝して「章子しょうし、今日もおかんむりですか」と御機嫌を伺った。
 「寡人は常に無冠である」
 夏侯章はきっぱり言った。
 朕は、天与の高位におごることなく常に布衣の側に身を置く聖人の姿勢に心打たれ、ひたすらかしこまっていた。
 やがて聖人候補生の施恩もやってきて、夏侯章に優るとも劣らぬてきとー節で何の才も無い常人を笑わせてくれていた。
 宿河原の生エーテルに対する耐性が養われれば、人は聖に近付くことが出来ることがわかる。しかし、粗方はこれに毒され、伝説気質を宿していくようだ。
 被剥問答で魂の修養をして過ごしていたのは釣果を求めるのに適していない環境に置かれているためでもある。
 とにかく視覚で捉えられる生き物の気配が薄い。
 風向きが韓流側を生かすものでないし、何より風が冷たい。
 上着を被る必要性を感じた朕は一度韓流を離れた。

 再び韓流に戻れば久しぶりのナマズさん。
 手マン対岸には下野さんも見える。
 降臨跡には多数の釣り人。
 修羅の捕食に適した日曜日の登戸が出来上がっている。ああ、三輪氏はまた捕食の機会を逃している…。
 ナマズさんは先日からブラック釣りを再開したとのことで、「マニックいいねえ」と釣果写真を見せてくれた。
 相羽リグの季節が来ればまた合流するようになるだろう。
 ナマズさんが去った後も一応キャストを続ける朕ではあったが、まったく手応えの無いまま日没を迎えてしまった。

 さて、ケーポップの面々はどうであろうか。
 施恩はいつの間にか消えており、あまりの手応えのなさに「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」と、伝説三輪泣きを決めて帰ったという。
 夏侯章は「ツンも無え」とおかんむり。
 そんな状況の中でも公孫戍はしっかりスモールマウスをキャッチしていた。
 検証の結果ここでの釣果は虚偽である、と顎をしゃくろうとしていた朕がすっかりその顎をへし折られ意気消沈しながらも「オレはよお、釣れなくてもフィールド立ってルアーキャストしてるだけで満足なんだよ」と、元祖伝説人の負け惜しみを言えたのは漆園史官としての意地である。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード