FC2ブログ

犬で何が悪い?犬だがオレは稼いでる!何事も稼いでこそだ! 『葉問3』より

 9月9日。

 夜間にから雨が降っていたので降臨跡のテトラ帯が生きてくるに違いない。
 今日こそ“PEに組んだラインシステムだからこそ獲れる1匹”を得られるかもしれない。
 実際、そのラインシステムとは一体どんなものだったのかだが、イイ匂いが漂わなくなった今では知る術も無い。そこで、自分なりに考えてスピニングリールに15lbリーダーを長めに結んでみた。
 出掛けようとしていたところ、公孫戍より、降臨跡の護岸が水没しているとの連絡あり。詳細を確かめようとライブキャメラを見れば、確かに護岸まで冠水しているようだ。
 海ドブまで行くことを考える。
 しかし、潮の動きが微妙な感じだし、日本は嬉々として欧米に尻尾を振る国家であるため徒に敵を抱えることになってしまい、港湾部には要らぬ規制が入ってしまっている。
 そう思うと海ドブ行きに二の足を踏んでしまう。
 ドブといえば中野島のドブはどうだろう。
 あそこは朕の苦手な釣りを強いられる場所であり、ナイスサイズは2匹しか居ないとか、PEに組んだラインシステムでわざとルアーをスタックさせてリアクションを狙うとか、逆さ付けしたドライブスティックを落とすとか、ここでの釣果はフォロワーサンがフォロワーサンに調査を依頼した結果虚偽であることが検証されたりとかで、容易ならざるエリアである。
 しかし、港湾部のような不快な縛りが無いのはありがたい。
 ということで、PEに組んだラインシステムは無駄になってしまうが、久しぶりに中野島ドブに行ってみることにした。

 水が減ったと聞いてから寄り付かなくなった場所だが、その後もフォロワーサンやら釣り人やらがちらほらと見られていたという。
 魚の入れ替わりがあったのかに関しては望み薄だが、水位の上昇や濁りで警戒は薄まっているかもしれない。
 プレッシャーにきわめて弱い場所であることは昨年さんざん思い知らされている。ここは慎重の上にも慎重なアプローチを、と最下流部からじわじわと行くつもりだったが、上流から短パンモモヒキが現れ、あっという間にこちらまで踏破してきてしまった。
 回復するのかどうかは不明だが、しばらくここは動きを止めて大人しくしているしゃない。
 フォロワーサンたちはそれほど攻め込んでいなかったのか、草が昨年と比べ物にならないぐらい繁っている。魚はカバーを得やすいだろうが、とにかく釣りのし難い状態である。
 手を束ねていたところに公孫戍が通りがかる。
 帰宅途中で、十分後に来るとのこと。
 公孫戍が来るまでの間にじりじりと上流側に進んでみるが、反応は得られず、すぐに公孫戍がやって来る。
 ダムサイトの様子を見てみようという話になり、その前に、いつも同じ釣り人が来ているという排水口トンネルを打ってみようと公孫戍がキャストしてみたところすぐに反応が出る。
 ここは修羅のように「突き落としてやろうか」と泣いて凄むべき場面であるが、施しの写真を得られたことを喜ぶ朕であった。

 ダムサイトは何度か入ったことがあるものの、どうにも当て所なく、朕の苦手なポイントである。
 しかし、ここでは実際にバス、ギル、ニゴイのみならずオヤニラミまで釣れている。
 今日はどうなのかわからないが、魚を寄せる力を持つポイントなのだ。
 とはいえ、この濁りでは普段以上に当て所なさ過ぎる。
 日没まで過ごしてみたものの、結局何事も起こらなかったことにより改めてドブに入ることにする。

 再びのドブ。
 足元でも捕食が起こるほどナマズが活発に動き回っていたが、ルアーへの反応は無い。この水路に居ついてあらゆる危険を学習してしまった魚なのだろうか。
 「おめえが良いって言うから来てみたけどよお、釣れねえじゃねえか!
 「オレだってちゃんとやってるよ!
 伝説三輪式の応酬を楽しむも、一向に進展が無いことと、公孫戍が蚊の猛攻に苦しめられていたことにより終了とする。
 終始蒸し暑い日であった。
 気分転換のためにコーヒーとジャズでも、という話になるが、残念ながら朕はジャズには興味がないのであった…。
 かくして「お疲れえ!」と、無駄に勇ましい伝説三輪式を決め、解散となった。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード