FC2ブログ

シャクレール中野島

 9月13日。

 自らを修羅と称した者でさえあまりの辛さに逃亡してしまった釣りという低レベルな競争も、釣り廃人にとっては悦びである。
 先日はハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気から覚めてみれば雷雨になっていた。まだ生に執着があるのだろう。結局釣り廃人としての務めを怠ってしまった。

 からストレスを溜めて迎えた当日。
 宇奈根を目指す。
 釣りという低レベルな競争を仕掛け、自ら敗れてしまった伝説三輪氏だが、宇奈根ではニゴイ、ナマズ、スズキが釣れた実績がある。
 あの三輪氏でも釣れたから、という理由では当然なく、天地のことやアクセスの容易さの視点から最も釣果を得られる可能性のある場所だと考えられたからによるものである。
 この度の台風はなから凄まじかったようだが、朕はその実際をほとんど知ることなくここまで来ていた。同時に川原が水に浸ったからといってポンスキーファミリーのこともまったく気にならなかった。
 流れは太く、ベートフィッシュはどこが濃いのかと歩いていけば、緩みとフラットのある下流側がいちばん濃く感じられた。
 コイの寡多は直接の参考になり難いと感じているが、今回は魚が身を置きやすい流れの程度を知る目安になった。
 光量が落ちると共にナマズやセイゴのバイトは出るようになったてきたものの、なかなかキャッチにまでには至らず。
 これは腕前の問題であって、腕前が及ばないという自覚があるのなら、頭を使うか技能を磨けば良いだけのことである。技能は短時間で身に付くものではないから日々の研鑽が必要であるが、即物的な結果を求めるなら頭を使ってしのげることも多々ある。
 だからといって、頭を使った結果、ルアーに散らし鈎をえげつないほど付けてみたり、オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよおと言って心にも無い姿勢の違いを主張するのではいかにも能が無い。
 客観的に今まで起こったことを顧てみれば、場所もルアーも概ね合っているようである、ということで続けてみたところようやく一匹キャッチに成功。
 脆さと繊細すぎるセッティングの上に成り立っているという点は気に入らないが、ハードベートでの釣りに依存する朕にはやはりフラットラップは欠かせない、他に代わる物が無いベイトである。
 コーティングはとうに剥がれ、裂けたボディーは縛って補修し、スイムバランスを保つために替えたフックはフッキング率を犠牲にしなければならなくなったという殆さだが、CDラパラのように定番化してくれなかったために、いかにストックを持っていようと慎重に維持していかなければならない。

 朕がフラットラップLBOなどと不遜にも顎をしゃくって帰路に就いていたところ、中野島ドブエリアに入っていた公孫戍より釣果の報あり。
 フォロワーサンか何かの依頼で調査した結果、釣果は虚偽であることが検証されたポイントで4匹のスモールマウスがキャッチ出来たとのこと。
 かくして、釣果が虚偽なのではなく、依頼する人選に誤りがあったことが検証されたのであった。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード