FC2ブログ

父不還

 8月30日。

 缶コーヒーの香りとハイスタンダードで気分転換した後、多摩川へ向かう。
 午前中は雨が降っていたので場合によっては降臨跡のテトラ帯が生きるかもしれない。
 カバーの中で魚を掛けた時のことを考え、リーダーを長めに組んでみる。
 PEに組んだラインシステムだからこそ獲れる魚に是非お目にかかりたいものだ。

 降臨跡。
 平日ということもあるが、釣り人は朕を含めわずか三人。
 かつて修羅が君臨していた時代を知る者にはあまりにも寂しい光景である。
 水位はやや上昇していたが、濁りの質はスモールマウスがカバーに依存するほどのものではなく、見える魚の数も少なかった。
 軽く流して反応が無かったことと、風は対岸に吹き付けていたこともあり、移動することにした。

 狛江高校下。
 場合によっては対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストをしなければならなそうな風の吹き方である。
 中洲の上下を流し、スモールマウスらしき捕食を見、ナマズのバイトを得ることはあったが、ベートフィッシュはきわめて薄く、岸際はコイだらけでルアーを追う個体も居らず。
 この一帯にどれほどのフィッシュイーターが入って来ているのかまでは測りかねるが、ベイトが絡まなければ朕に釣れる魚は居ない。
 ベイトフィッシュという見地からすれば、ここより火曜日と昨日の動きを見ている堰下エリアの方が測りやすい。
 やがてここにベートが集まらないとも限らないが、それを裏付ける情報は得られていない。
 日没後に赤灯が点るのかどうかが気にならないではなかったが、釣り廃人としては出来る限り釣れる確率を上げていきたい。
 移動である。

 堰下狛江側。
 巻き返しの岸寄りにベイトは見えなかったが、流れの中に跳ねる小魚はちらほらと見える。
 光量の落ち込みと共にあの小魚たちも岸に寄るか。
 反応を得られないまま時間は経過していくが、徐々にベイトは濃くなってきて、日没を迎える頃にはフィッシュイーターを寄せるに十分な規模になっていた。
 そこへシーバサーのおっさんもやってきて、今日の状況の話や、接客業失格の釣船屋の悪口を言いながらキャストを続ける。
 度々イナッコの群れが追い散らされる場面が手の届く範囲で起こるが、ベイトがルアーやラインに当る感触があるだけだった。
 徘徊するコイに怯えているだけなのか、フィッシュイーターが来ているのは確かだがルアーが合っていないのか、来ている個体数が少なすぎるかのいずれかなのだろう。
 そんな話をしているうちに、おっさんがナマズらしき魚を掛けるがアタったとかバレたとか、そんな話に終わってしまう。
 魚の顔を拝めなかったのは残念としか言いようがないが、魚に優しくとバーブレスフックを勧めておきながら、ばらさないようにとバーブレスの散らし鈎をえげつないほどに付けてみたり、掛けた魚を長々と地上でこねくり回してベストショットを求めていたことを思えば、ばらしてしまうぐらいどうということはない。
 依然ベイトが追い散らされる場面は度々見えていたので集中力を保つことは可能であり、続けていればそのうち或いは、とも思ったが、際限が無い。
 やはり、むやみに続けるバカ釣りの領域には踏み込めないと悟り「オレだってこんなもん」と、不遜にも開き直り、撤退することにした。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード