FC2ブログ

死霊の盆踊り

 8月13日。

 昨日、公孫戍プロップベートで40クラス2匹を含む5匹のスモールマウスをキャッチ出来たとの報が入る。
 相変わらず施しの出来ない状態にあるので「みんな公孫さんは上手い上手いって言うけどよお、あの人本当に上手えかあ?」と、伝説三輪しなければならなかった。

 この日もハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気のため、一寝入りしてから夕刻の出発となった。
 五本松対岸に入る前に降臨跡の様子を見てみることにする。
 夏休み期間中なので、五月の連休の時のように、かつて登戸名物として君臨した伝説三輪氏が降臨しているかもしれないからだ。

 降臨跡。
 登戸名物の三輪車は見えなかったが落胆することはない。
 二年前の正月、今年五月の降臨の際にも三輪車は見えなかったのだ。改造三輪車が無いからといって修羅が来ていないとは限らない。
 と、川岸を覗いてみれば修羅のベイトとなりそうな釣り人二、三人と公孫戍が居るのみ。
 今日は中野島堰上、韓流ポイントと回り、既に二桁のスモールマウスをキャッチしたとのことで、すべてプロップベートでの釣果とのこと。
 朕はその釣果写真を見せていただくことができたが、このような何処でどんなルアーで釣れたかがわかる写真は求める者に見せられなければ何の意味もない。
 
 五本松対岸。
 小潮に来た前回とは違い、今日はベートが広範囲に散っていて、見た目にも魚の動きが活発なのがわかる。
 魚は釣り易い状態になっているに違いないだろうが、逆に意識すべきものが絞りづらくなるという問題が生じてくる。
 とはいえ、そうなったらそうなったで打つ手はあるのが今の状況だ。
 腕は無くても知識はそれなりにあるので、ただ釣れるまで一晩中ルアーを投げ続ける必要が無いのが朕の強みである。
 やがて、徘徊するナマズが見え、バイトも出るようになる。
 しかし、決定打となる何かが足りない。
 ここはしつこく行くところだ、と、ルアーへの反応の傾向を見ているうちに使うベートが絞れてくる。
 「おめえらBフォロワーは良い良いって言うけどよお、オレには使いどころがわからねえ」と、これまでに正解はやり尽くして来た伝説三輪氏にはひどく不評だったBフォロワーへのヒット。
 朕は、正解は模索中の身ではあるものの、Bフォロワーの使いどころは一応心得ている。

 「おめえどこ居んだよ!
 伝説三輪式と共に公孫戍がやって来た。
 その後、降臨跡でポストスポーンの個体のような40クラスのスモールマウスが釣れたという。
 このような事態が発生しているのは、身近な自然を大切にせず、平気で生命の循環を阻害してくる仁無きお上の仕業だろう。こんな有様だから、今年もオチアユの時期を楽しめないのではないかと甚だ不安になってくる。
 かくして、無敵の敗者、ウーバー商法について語らいつつキャストを続けたが、反応が出なかったことにより、釣れるまで居座ることなく解散とした。

 帰宅し、PCを起動してみると、今日は堰下で3匹のシーバスを釣ったという秦明より写真が届いていた。
 朕が「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と称賛したところ、今日は本当にポイント独り占めだったとのこと。
 ああ、泣いて嚇してポイントを横取りするのは今日ではなかったか。
 朕は自身の生まれ持った間の悪さのことをさておいて、修羅の悪すぎる間のことを悲しんだ。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード