FC2ブログ

主戦場

 8月8日。

 宇奈根に入る。
 新河岸川の後なら、多摩川でさえ立派な清流に見える。
 やはり、釣り場のロケーションというものは結構重要なのかもしれない。
 通うならドブより川の方が断然良い。
 ポイントに向かう途中の小場所にコイ科が屯する小場所があるので手を出してみる。
 アユの塊が泉の水路に入り込んでいるのが見えていただけに、魚には非常にやる気があって、何度かのルアーローテーションとチェイスの末、アイウェーバーにニゴイがヒット。
 しかし、たったこれだけのことでアイウェーバーのフックは変形。
 ここまで脆弱なら、繊細な仕様というのも考えものである。
 下流のポイントに入る。
 水量が減れば狙いどころがはっきりしてくるかに思われていたが、相変わらず強い流れが抜けていくだけで絞れず。
 ベイトも薄く、ルアーを見に来るフッコは居たがそれだけのことで、朕には攻略不能と判断されたので移動することにした。

 結局堰下狛江側へ。
 はっきりとした変化が手の届く範囲にあり、ベートフィッシュも濃厚なポイントである。
 とはいえ、日に日に水量が減っていく今、一級のポイントとは言い難い。
 陽が落ちてからナマズのバイトは出たが乗り切らず、次が入ってくる気配も無く、対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストも見えず。
 この後、タックルボックスの店長宅にファットアルバートグラブを引き取りに行く予定があったこともあり、粘らずに撤退することにした。

 バスにしか興味がなく、しかしバスが釣れない人への施しは出来ず、ナマズを取りこぼしたという悔しさはあったが、ひとまず○回連続ボーズなし!の、伝説三輪式自慢権は獲得できたので十分だろう。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード