FC2ブログ

バーチカルスープレックス

 7月31日。

 この日、公孫戍が狸島へ行くと言っていたので、朕もがむばって橋を跨いでみることにした。
 ここ数日の好調の詳細や、修羅も愛したネタの数数を直接聞く必要があると思ったからである。
 いかに釣り廃人であっても、近頃の日中の熱暑には耐え難いものがあるということで夕刻の合流になった。

 狸島入りしてみたところ、公孫戍が先入りしていたので、朕は「ちわ」と、様々な強者とやりあってきたという勇者の挨拶で到着を報せる。
 しかし、一方的にやられていただけなのに“やりあった”は無いだろうとその不遜ぶりを先輩史官に咎められてしまった。
 前回同様、川自体の流量が少なく、目に見えるベートは少なめ、ボイルは単発、時折ルアーに反応するニゴイを見るのみという状況。
 それでも流れの道筋は通っているので、狛江高校下よりはましな状況であるといえた。
 ここが正解の場所ではなさそうだが、まったく可能性が無いというわけでもなさそうである。
 なるほど、釣れるまで続けるなんてことを百日以上こなしていれば年間三桁釣果も可能と納得。
 陽が沈んで後、ナマズのバイトは出たがアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話に止まる。
 魚が回っては来るが、待ち構えるにはいかにも弱い。
 そこに居る魚に食わせる公孫戍、積極的な魚を拾っていく朕、と得意は違えど状況を見ながら可能性を測る釣りを展開していく点では同じである。故に、むやみやたらに粘った結果釣れてしまったものを善とはしていない。
 こちらの知も技も及ばなければそれまでだ。
 という訳で、己の至らなさを思い知らされての撤退となる。
 やはり、新川で釣ったことのないやつは大したことねえのである。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード