FC2ブログ

川を向いて歩こう

 7月16日。

 昨日、修羅のいう冒険心を発揮して、荒川は笹目橋まで足を延ばしていたという紅蠍より釣果の報が届く。
 とりあえずシーバスは釣れたが、釣り人の多さに参ったとか。
 また、ゴルフバッグ一杯のタックルを持ち歩いて釣りをしているダイワスペシャルを見たとのこと。これこそが防水仕様のツーリングバッグ一杯のガラクタを持ち歩き、あらゆる状況に対応できるようにと言いながら、却って身動きの取れなくなっていた修羅が参考にすべきスタイルというものだろう。
 多摩川の釣りは他所のバスフィールドに比べて遅れている、という話を小耳に挟んだことはあっても、ヘボい人の知ったかだろうと気にもしていなかったことだが、ここへ来てようやく、やはり他所の事情を知っておくことも大事だと思うのだった。
 一方、登戸から矢野口にかけてを釣り歩いていたという公孫戍はといえば、登戸エリアで3匹、中野島堰上エリアで1匹のスモールマウスをキャッチしていた。
 公孫戍の使うラインシステムはナイロンやフロロカーボンをフルに巻いたものであるが、PEに組んだラインシステムだから獲れる魚を狙う釣りより、数、型ともに良い釣りができているような気がする。

 他人の釣果をあてにばかりもしていられない。
 朕も新川で鍛えた本気を実釣をもって示さんと迎えた当日。
 前回は外してしまったが、それでも堰下狛江側は、魚を寄せる強い変化が届く範囲に寄っている魅力的なポイント。雨も止んでいたので、今日こそは対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストを見られるかもしれない。
 そんな期待もあって、堰下狛江側に向かう。

 増水の規模は想像以上だった。
 今日に限ってはウェーダーを履いてきた方がよかったかもしれない。
 長靴程度では冠水したブッシュの干渉を避けて上手くベイトを引いてくることが出来ない。
 しかしシーバスの勢い盛んな様子は見えているので諦めるわけにもいかず、続けていたところ2匹のシーバスをキャッチ出来た。
 2匹目の小型はストレートリトリーブによるキャッチだったので修羅に咎められる恐れはないが、1匹目は光量が多かったこともあり、邪道の技を用いてのキャッチだった。

 ボイルも収まり、概ね満足してナマズはどうかと考えていたところ、おっさんと青年がやってくる。
 最初はフォロワーサンが顎をしゃくっているだけかと思っていたが、詳しく話を聞いてみると二人とも狙いどころを心得ているれっきとした釣り人だった、だけでなく、短靴履の不利な足場という条件下で、共に60オーバーのシーバスをキャッチしていたのだった。
 その後、シーバスの気配は遠のき、攻められる箇所も限られることから手詰まりを悟り、揃って撤退となった。

 後続者に大型を立て続けに釣られてしまった悔しさはあったものの、内容的には満足できていたので、何もわかっていないために奇をてらった釣りをした挙句、自分だけノーフィッシュに終わり不機嫌になる修羅のような無様を晒すことなく済んだことに安堵するのだった。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード