FC2ブログ

邪聖剣

 7月10日。

 この日は公孫戍も午後から空くとのことだったので、登戸で合流しようということになっていた。
 「新川で鍛えた本気を実釣をもって公孫さんに示す!
 と、朕は意気も高らかに多摩川に向かった。

 登戸入り。
 師匠が来てなければ直で狸島に入るつもりでいたが、降臨跡の流れの変化が興味深かったのでこちらから始めてみることにする。
 狸島には李俊が居たので、何かあれば知らせてくれる。
 ティムコのネクロマンサーなる小型スピナーベートにウルティモペケニシモのスモールマウスが好反応だったが、食うまでには至らない。ハドソンのネクロマンサー同様、微妙な感触である。
 単発気味ながらボイルが起こるのも狸島側。
 やはり狸島の方が良いのかと思い始めていた頃、狸島に公孫戍が現れ、朕も狸島に移動することにした。

 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 伝説式の礼を滞りなく済ませ、平日の釣りという低レベルな競争が始まる。
 スモールマウスの盛んな様子は見えることなく時間が経過し、李俊が撤退。
 朕は幾たびかニゴイのバイトを得ていたが、いずれもアタったとかバレたとか、そんな聞きたくねー話に止まっていた。
 公孫戍がえげつないほどに散らし鈎をつけてはどうかと言うので、朕は末席のゲームフィッシャーマンであってミュージシャンではないのだからとてもそんな真似は出来ない、と、先輩史官の提案を容赦なく却下した。
 降臨跡に鄒衍すうえんが現れる。しかし、揖の礼で挨拶したのちほどなくして何処かへと消えて行ってしまった。
 17時の鐘が鳴る。
 釣れるまで粘るのは何か確信があって初めて出来ること。目算も無いままに同じ場所で粘ることなど我々には出来ない、ということでそれぞれ思い描くポイントに散ることにする。

 堰下狛江側。
 対岸に独特な上半身の使い方から繰り出されるキャスティングをする人は居なかったが、ウェーダーを履いて護岸の上からロングロッドでキャストしている三人組を見ることができた。
 日没近付く頃、鄒衍が現れる。
 中野島堰下に行っていたが、どうにも冴えなかったのでこちらに来てみたとのこと。
 やがて、頻度こそ高くなかったが流芯周りでボイルが見られるようになり、キャストにも身が入る。
 残念ながらシーバスの反応を得ることは出来なかったが、陽が沈むようになるとナマズの反応が出るようになり、集中力が途切れることはなかった。
 しかし、チャガースプークを引く朕も、バズベートを引く鄒衍も、アタったとかバレたとか、そんな話に終わってしまった。
 
 やはり新川で釣ったことのねえやつは大したことねえんだな、と、うなだれて帰宅したところ、公孫戍より釣果の報が届く。
 降臨跡の流れの変化がどうにも気になり、固執してみたところ、カットテールのジグヘッドリグをドリフトさせた結果釣れたとのこと。
 朕はページを飾れる写真を得られたことを喜びつつも、「ナマズも釣りなよ」と、ただ釣れるまでフィールドに居座り、ルアーを投げ続けているだけなのに、他人の釣りをとやかく言う不遜な唾で応じるのだった。
 
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード