FC2ブログ

ニンニンニン

 6月11日。

 昨日の雨と寒さは釣り廃人をしても出発を躊躇うほどのものだった。
 オレだってこんなもんとはこのことか。

 雨が上がったこの日。
 かつて第一ワンド、第二ワンドと呼んだワンドがウォーターマフィアに破壊されてからというもの、雨と増水は手放しで喜ぶことが出来なくなってしまった。
 この時期の雨と増水は、本来なら好調を招く恵みのはずだが、今の登戸及び界隈では凶ばかりが出るようになってしまった。
 世間は外来魚のことには神経質でも、大本の自然環境のことについては案外無頓着である。酷い目に遭わされながらもアメリカべったりで気色悪いほどなのに、アメリカ原産の魚には異常なまでに差別的だ。逆だろ!
 現状がどうなっているのか予測困難なのであらゆる状況に対応できるような備えで登戸に向かう。
 あらゆる状況といっても普段から通っているフィールドである。よって修羅のようにツーリングバッグ一杯の使い物にならないガラクタを持ち歩く必要はない。携行できる範囲内の装備で十分である。

 降臨跡に入ってみれば、水量多めの白色系濁り。
 水質が良いとはいい難いが、これだけで良し悪しは断定できない。
 今はなき修羅に代わって「やってみなきゃわかんねえじゃねえかよお!」とカバー帯を一流し。
 ところがまったく反応が無い。
 水位は高めでも、この流れの速さは減水の動きに入っているからか。
 疑念生じたならば、下手な足掻きは時間の浪費にしかならない。
 水の溜まる側に移動しよう。

 とういうことでダムサイトとなる韓流ポイントへ。
 手マンとケーポップを行き来し、しつこくカバー周りを舐めようと試みるが、流れが強く、思い通りにルアーを通すことが出来ず、ストレスを溜める。
 カバーコンタクトの釣りが力を発揮する状況には違いないだろうが、結局攻めきれず時間を消費。
 ストレスの少ない釣りのできる所を求め、堰下狛江側に行くことにする。

 平日が休みの職業を軽蔑しているという割には、しばしば平日に目撃されるもうひとつの伝説を見ることが出来るかもしれないと小径を下る。
 今日は雨も上がり、過ごしやすい天候。対岸に独特な上半身の使い方でキャストするルアーマンは居ないかと一望してみたが、らしき人は見えず、釣りに集中することにする。
 ポイントはやや増水。
 冠水植物の周りにはベートフィッシュが集まっている。
 一度堰が閉じられ減水し、再び水位が上昇に入ったときバイトが出る。
 バイトの主はナマズ。
 ベビートーピードーでは食わせる力が足りないか、ということでチャガースプーク、フラットラップ8、スーパースプークJr(消音仕様)をローテーションしてみたが反応は得られず、去ってしまったかと再びベビートーピードーに戻してみればルアーに触らないバイト。
 やがて反応そのものが無くなったことにより諦めることにする。
 やはり釣果を見込める何かも捉えられないのに、釣れるまで居座るなど朕にはできないことだ。

 ニンニン。




スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード