FC2ブログ

モウティン、ポンスキー

 6月4日。

 カリタス事件の朝、夏侯章も犯人は伝説の人だと思ったという。
 至人と思考がシンクロしたことで、自分も一歩進んだという喜びを覚える。
 このようにステージが上がったのもワークの賜物だろう。
 やはり極厳修行は怠れない、ということで、先日は行こうと思いながら暑さに負けて行けなかった、世田谷の宇奈根に入ることにする。

 この辺の賃貸物件は安いので、一見魅力的な土地に思えるが、割安物件のほとんどがプロパンガスであるため、結局生活費はかえって高くつく恐れがある。
 川岸に下りてみれば、アユ師が引き揚げていくのが見える。
 釣りになるだけの状態になっていないのはここも同じのようだ。
 コイが捕食を行うところを見ることはあったが、狙うには有効範囲がいかにも狭い。ルアーを通した感触と、目で捉えられる印象から、ここは粘って魚が来るのを待つのではなく、通る魚を拾っていくのに適しているポイントであると判定。
 そうと決まれば長居は無用。
 どんな結果になるにせよ、必ず魚が足を停める場所であると確信しているポイントで粘ってみよう、と移動する。

 堰下狛江側から対岸を見る。
 残念ながらもうひとつの伝説は見えない。
 平日が休みの身分の者を軽蔑しているという話も聞くので、不在は当然のことなのかもしれない。
 規模が大きいとは言い難いが、岸際にベートは寄っており、ごく稀にルアーを追う航跡を見ることもある。
 最も良いと思われているポイントでこれでは、と思うが、他に良いポイントと言っても思い当たらない。
 幸い、今回は運よくナマズの徘徊を捉えられ、キャッチ成功。
 とはいえ、更に、を望める感触ではなかった。
 勿論、これは一個人の見方であって実相を捉えているものではない。
 だからといって、それが年間三桁釣果の実情であったとしても、次を得られるまでただキャストを続けるなどゲームフィッシャーマンとして出来ることではない。
 馬鹿なりにも計算や読みなどがあったうえで釣れた、釣れなかったを楽しみたいものだということで納竿することにした。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード