FC2ブログ

Otis Driftwood

 5月22日。

 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、修羅を泣きキレさせた張本人、李立とおめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!発祥の地へ。
 これまでに正解はやり尽くして来た伝説三輪氏の鍍金を蝕んだ川崎ドブの風。
 一級ポイントがことごとく特定の個人に所有されているというのは甚だ気分なことではあるが、シーバスを釣りたい欲求が不快さを上回っているので止むを得ない。

 道中語られるのはやはり修羅が牛耳を執っていた時代のこと。
 既に望めば欲する知識を容易に得られる時代にあって、何故あそこまで無知でいられたのか。烏合の衆の中で主導権を握ろうとする前に己の程度を知っておくべきではなかったか。
 釣りという低レベルな競争から卒業して尚語り草となる伝説人の面白さ。到底語り尽くせるものではない。

 小島新田到着。
 昨日の雨の影響で濁りが入り、5センチ前後のベートフィッシュの群れが方々で見られる。
 これなら明るいうちからいけるかも、と期待しながら流してみたがまったく反応を得られない。まったくシーバスが入って来ていないかのような気配。
 ならば伝説記念公園へ、ということで移動。

 伝説記念公園の魚影はすこぶる濃かった。
 小型ミノーへの反応に始まり、次第にバチイミテートのベイトへの反応が良くなってくる。
 しかし、反応してくるのは木っ端セイゴばかりでほとんど釣れていない。
 ここでは朕が2匹、李立が6匹と木っ端クラスをどうにかキャッチし、次のポイントへ移動することにした。
 移動した先では、朕が40前後のシーバスをばらし、李立がクロダイをキャッチ。
 移動は正解だった。
 さあ、これからだ!
 というところではあったが、ここの常連シーバサーに教わった身の処し方に従い、撤退せざるを得なくなってしまう。

 釣り師としての力及ばずとか、天与のものによって釣れなかったというのならともかく、いけ好かない人のしわざによってやるべきことをやり切れなかったというのではストレスも溜まろうというもの。
 天殺星の降臨を祈らずにはいられない。
 恨みに報いるに徳をもって、とはなかなかなれないものである。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : シーバスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード