FC2ブログ

言霊の主は今…

 4月19日。

 多摩川で○回連続ボーズなし♪の伝説式自慢権を失ったことにより、新川で鍛えた過剰なまでの自信を打ち砕かれたような気がしたので、ネットゲームで知り合った母親が病気のために貧乏している妙齢の女性との交流を深めようかと考えていた昨日、またしても冒険心を発揮していた公孫戍が中野島堰下のポイントで6匹のスモールマウスをキャッチ出来たとの報が入る。
 他人の功績を見せつけられたことでしゃくる顎をへし折られた気がした朕は、悔し紛れに「ナマズも釣りなよ」と、無知無恥にして不遜な唾を吐いた。
 我々は友ではあるが、どちらもミュージシャンではないので握手はしないのである。ただ、デスりはしてもディスってるわけではないから厭な気分になることはない。

 迎えた当日。
 十分な睡眠が取れたことにより、体力気力ともに充実。
 喜多見のポリ公教習場へ向かう。
 ポイント入りしたところ消波ブロック周りで盛んに魚が騒いでいる様子が見える、が、コイのはたきのようにも見える。
 とりあえずのキャストをしていたところ淳于髠じゅんうこんが現れる。
 先日フライで釣れたというレインボートラウトとヘラブナの写真を見せていただく。
 これにまつわる面白い話もあって、レインボーが釣れた動画をアップロードしたところ、早速今日、そのポイントでルアーを投げている三人の乞食が来ていたとのこと。
 朕は「ポイント晒すのやめてもらえますか」と、己の下手くそぶりを棚に上げて釣れない理由をすり替える連中の唾で応じた。
 そもそも多摩川はパブリックウォーターである。
 大潮なのにこの様子では厳しいだろうななどと話していたところ、蔡沢が現れる。
 確実な釣果を求めた釣り廃人がはからずもここへ集ったという次第だが、お目当ての魚が居なくてはどうにもならず、光量が落ちるまでおしゃべりしないで釣りしなよ!状態で次の動きを待っていたが、魚の動きは相変わらず見えず、もうひとつの伝説が降りてくることもなかったのでここでの釣果を諦め、解散となった。
 しかし、多摩川から魚が消えたわけではなく、マルタの付く場所が方々で目撃されていることから、朕は修羅に無いと罵られた冒険心を奮い立たせ、上流の堰下合流点に行くことにした。

 堰下合流点。
 先月は何も無かったこのポイントも、今日は活気がある。
 ポイントの構成上、思うようにベイトを通してやることが出来ない上、マルタ瀬を釣るためのベイトしゃ持ってきていないため、から難儀していたが、たまにバイトらしきものがあったため諦めるのも忍びなく、粘ってみたところ遂に1匹キャッチ。
 連続ノーフィッシュを逃れられたところで「今日のオレの仕事は終了!」と、伝説三輪式を決め、撤退。

 この日冒険心を発揮していたのは朕だけではなかった。
 公孫戍は稲城大橋上流に入り7匹のスモールマウスをキャッチしたとのこと。
 バスはずっと釣れ続けている。
 根っからのバサーが、いつも自分だけ釣れないからといって、釣るための法もろくに考えられず、汚ねえ唾を吐きながら泣いて逃亡してしまうなどあまりにもみっともない話である。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード