FC2ブログ

半ヌレ集団

 3月30日。

 捕食の見られない土曜日の登戸など、人が多くて釣りがし難いだけ。
 加えて、大減水以降まったくスモールマウスの動きを見失っていて、釣果の報を聞いてもぼんやりとしたものが拭えずにいるので、この日は夕方からマルタ瀬の様子を見に行くことにした。

 せせらぎ館到着。
 まずは主君にお目通りすべきだが、トラウマを呼び覚ましかねない人の群れの多さに恐れをなした朕は、すぐに川沿いに逃走した。
 堰下のプールにはコイ※1しゃ見えない。
 マルタが遡る時期になれば、ここはニゴイ、マルタ、時にはスモールマウスも見えるほどの場所なのに、今年はコイ以外の魚を見た※2き無い。

 ポイントへ続く小径には先行者。
 一言挨拶し、道を譲っていただく。
 先行者の足元に置かれたルアーボックスを見れば、巨大なミノープラグの数々。
 どんな意図があってこんな場違いな物を、と思っていたところ、
 「マルタですか?」
 と尋ねられる。
 「はい。そちらは何を?」
 と、朕は返した。
 「釣れるなら何でもです。あ、下の方に投げてるんでルアー絡んじゃったらごめんなさい」
 という。
 そんなルアー、ダウンクロスで巻いたところで釣れる訳ねー※1んべ、そもそもそんなに飛んでねえし、と思いつつ何か引っ掛かりを覚える…このやり取り、この釣り人!
 こみ上げる笑いを堪え、朕は逃げるように小径を更に下った。
 最下流部に到着し、キャストしつつ先行者の様子も見ていたところ、やはり見覚えのあるキャスティングフォーム。
 そう、朕はもうひとつの伝説にコンタクトしていたのである。
 この喜びを、先輩史官を通じて主君に伝えなければ、とメールを打とうとしたところ、先輩史官からの着信があった。
 ケーポップで40クラスを含む4匹のスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 朕はとりあえず「やっぱワームですか…」と、ルアーとはシチュエーションベイトであるという基本さえも知らない未満人な唾で応じ、もうひとつの伝説が健在であることも伝えた。
 修羅はぐれ者、直接対決実現はいつになることやらだが、伝説対決は現在のところアナザー氏がリードしている。
 実釣といえば、マルタの盛んなスポットは下流の進行不可能な所にあり、上流側からベイトを通してやることが出来ない。
 やがてアナザー氏が撤退していくのが見えた。
 あんな釣りをしていてはいつまで経っても釣れないと思うのだが、まだ釣りを続けているところを見ると「ミノー投げてるだけで楽しい」という言葉、修羅のように悔し紛れに吐いた汚ねえ唾ではなく、偽らざる本当の声だったのだ。
 それからしばらく経ってニゴイがヒット。
 出来ることなら伝説人に、知識さえあれば技能はさほど無くても魚は釣れるというところを見せてあげたかったが、適わず。
 雨が降り出してきたことと、19時を過ぎていたので、主君が帰られる前に結果を報告しておかなければ、ということで韓流ポイントに戻ることにする。

 韓流入りしたところ、手マンに公孫戍と夏侯章、その隣に二人組の釣り人が居た。
 隣に居た二人組は趙勝とその仲間かと思っていたが、まったく無関係の他人であり、このブログの読者だという。
 公孫戍は彼らの前で能書きを垂れながら40クラスのスモールマウスをキャッチしたとのこと。
 しゃくる顎をへし折られた気がした朕は「また夜ですかあ?」と、汚ねえ唾を吐いてやった。
 雨足がいっそう強まってくる。
 いかに聖衣GETTを着込んでいるとはいえ凌ぎきれるものではない。
 吐くべき唾、しゃくるべき顎はまだまだあったが、我々はたまらず退散した。

 ※1マー語
 ※2北関東弁?

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード