FC2ブログ

ジャーマン(ドルフラングレン)

 3月7日。

 シーバス釣りは失敗に終わったが「自分、根っからのバサーなもんで」と言っておけば、無意味に高いプライドも傷つかずに済む。
 しかし、根っからのバサーがバスを釣りに行って上手く行かなかったら何と言おう。
 普段はシーバスをやっているということにしておこうか。

 小雨交じりの空。
 気候が上昇に向かう流れにあって雨はプラスに働くものだが、水門工事が始まって以降、雨とそれに伴う濁りはマイナスとなってしまった。
 それでも濁りの度合いによってはどうにかなるかもしれないということで韓流ポイントに行ってみることにした。

 現地入りしてみると、濁りは恐れていたほどでもなく一安心。
 風は馬の背に向かって吹いているので、ブレークラインに沿うことを心がけ、ワンダー、マニック、レアリスミノーといったレンジの浅いベートをローテーションしてみる。
 ところが、一切反応を得られないまま時間が経過し、雨足も強まる。
 防寒着のみで来ていたナマズさんは一足先の撤退。
 合羽を着込んでいた朕はめげずに続けたが、次第にドブ臭が強まってくる。

 この雨の中、まさかの釣り人がやって来る。
 張良だった。
 「ポイント独占できると思って来たのに、まさか…」
 そう言って笑っていたが、朕は修羅をして釣り廃人と言わしめた者である。修羅とは違い、多少の根性はある。
 張良は手マンを一流ししたのち、手マン対岸へ移動。ブレードベイトでスモールマウスを掛けていたが、バラしていた。伝説アナザー式で応じたいところではあったが、こことは隔たりがありすぎるので控えた。

 流れは明確にあり、風の具合も良く、潮回りも良い日である。それでもドブ臭のする水にはそれらの好条件を打ち消す力がある。
 ストラクチャーの上でも、カバー周りのボトムでもまったく反応を得られない。
 おそらく悪い水質が魚に不活発を強いているか、魚を遠ざけているのだろう。
 そんな目算が立ったところで、反応を得るまで続けることは不可能。或いは、目算という概念が無ければ反応を得るまで続けることは可能なのだろうか。
 たとえ不完全なものであったとしても、目算で下した判断を重視する朕はこれ以上粘れず、撤退することにした。



スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード