FC2ブログ

この日、修羅ならば…

 2月20日。

 南風が強く吹き、※1から温かく感じられたので、本来なら南風の当るシャローフラットを目指すところだが、昨日の降臨跡の様子を見た限りでは春の嵐と重なりでもしない限り無いように思われたので、降臨跡を捨て、韓流ポイントに入ることにする。

 韓流ポイント入りしたところ、ナマズさんの他、趙勝と蔡沢。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 いつかは修羅を…彼らはレジェンドの降臨を心待ちにする、伝説ファンでもある。
 風の当るシャローフラットの面積は狛江側、降臨跡に比べれば馬の背のシャローフラットはいかにも狭い。
 それでもここは魚の寄る要素が幾つか重なっている。
 どのタイミングかまでは読めないが、この時期は特に水面が波立つ時にはソフトベートであれハードベートであれ、巻いて使えるものが好ましい。と、巻いてみたところ水面付近での盛んなスモールマウスの反応が得られた。
 朕はマニックで2匹。ナマズさんはマニックで1匹。
 趙勝はティムコのブレード付きワンダーで2匹。蔡沢は自作のテールスピンリグで1匹。
 この好況は短時間で終わってしまったが、ストライクの瞬間が目視できるエキサイティングな時間を楽しめたのだった。

 表層での反応が途絶えてしばらく経った頃、鄒衍すうえんが現れる。
 無反応の時間があまりにも続くので、ポイントが変わってしまったのか、ルアーでは釣れないのかを確かめてみようと、朕が相羽リグを投入したところ、早々に40クラスのスモールマウスがヒット。

 魚は居るということで、再びルアー組は集中力を取り戻し、その後、鄒衍がヤマモトイモで1匹キャッチ。
 間を置きながらも釣れるので、バイトが止んでもここで粘るべきだろうと続けていたところ、ナマズさん撤退後に趙勝がヤマモトイモで3匹、蔡沢はホッグ型ワームのキャロライナリグで1匹キャッチ。
 一方、ヘイチピーシャッドテールを巻く鄒衍と、ワンダー、マニックを巻く朕はノーバイトだった。
 やがて陽も沈み、もう無理かなどと言い合っている頃、蔡沢がドライブスティックのトゥイッチングで1匹追加。
 数年前の春先に起こったG※2un feverの日にはまったく及ばない炸裂の仕方ではあったが、現状の登戸エリアとしては良い方なのではないでしょうか、と口々に言い合う一同。このことがもし修羅の知るところとなったなら「志が低い!」と一喝されてしまうだろう。
 しかし、老子はその志を弱めることがあの道に近づくための法であると説いている。
 修羅と老子、どちらの言葉を重んじるかは比べるまでもない。

 ※1、マー語
 ※2、『MAD MAX/FURY ROAD』より
 
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード