FC2ブログ

明日への一手間

 2月16日

 晴天にして気温も上がったこの日。
 月齢も改まり、風は手マン馬の背へ向かう。
 好条件の揃う日ではあるが土曜日である。行ったところでポイントは釣り人で埋め尽くされていることだろう。
 一般の釣り人だけならまだ良いが、亡命貴公子とその一団であったならもうどうにもならない。
 昼には帰宅していたが、釣れる釣れないはともかくとして、北の占有地となっていたらと思うと鬱でならず、一寝入りしてから行くことにした。

 目覚めれば夜。
 どうやら日中は予想通り人出が多く、手マンには入れる余地が無かったとのこと。
 釣り座の確保は困難な状況にあっても、良く釣れる状況にあったとか。
 ウォーターマフィアの妨害を受けながらも、季節は順序通りに進んでいるようだ。
 今日はもう遅すぎると思いながらも釣り廃人として、また、明日の相羽リグのために貧乏長屋を出て多摩川へ向かう。

 韓流ポイント入り。
 既に20時を過ぎている。
 それでもポイントにはニセ下野さんが居た。
 風は強めだったが、向きは理想的。
 風の強さに応じて、マニック、ワンダー、CDラパラとキャストしていったが、魚は居るのか、釣れないだけなのかの判別もつけられないうちに一手間かけて仕上げた自家塗装ワンダーをロストしてしまったことでやる気を失う。

 蝦採りに移行。
 波立つ水面に蝦の発見には難儀したものの、小型のザリガニを含み、十分な数が確保できたことにより「今日のオレの仕事は終了」と、伝説三輪式を決め、明日からの相羽リグを楽しみに撤退することにした。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード