FC2ブログ

孤・寡・不穀の悦

 2月19日。

 雨と南風の予報。
 流域各地に入っている河川工事の影響のことを考えれば雨による期待は出来ないが、南風が強く吹き付けてくれることへのわずかな期待と、しばらく様子を見ていないということから、降臨跡に入ってみることにする。

 平日の降臨跡。
 かつては週末ともなると、修羅が颯爽と改造三輪車で現れ、変態タックルと嚢一杯の釣り道具を携えてその威を揮っていたものだ。
 今ここに来ている釣り人たちは、名物華やかりし時代は知らないだろう。
 風は予報通り南からではあったが、弱風。
 琵琶湖沖の流木島周りに小魚の波紋がちらほらと見えることもあったが、沖側は非常に水深が浅く、カバー要素が見当たらない。
 岸のカバー帯は見た目に水が良くないし、コイが一匹見えただけ。
 流れははっきりとあるが、このポイントで良いと思える要素はこのひとつのみ。
 とりあえず、と一流ししてみたものの、やはり反応は得られず。
 どんなメソッドを用いるにせよ、環境を味方に付けてこそと考える朕に続けられる状態ではなかった。
 或いは南風が強まり、光量が落ちるタイミングを待つべきなのかもしれないが、待ったところで状況が変わらなかったら取り返しがつかない。
 移動である。

 韓流ポイント。
 馬の背周りにスティックベートを通してみる。
 駆け上がりを平行に、沖側から駆け上がりに、ダウン・アップストリームと様々なリトリーブコースを試してみたが、反応は得られず、やがて晴れ間も覗くうようになってくる。これにより、カバー帯にアンダーショットリグを通すことにしてみるが、こちらも反応は得られず。
 ならば、と相羽リグを入れてみたところ、早々にストライクを得る。
 しかし、今回は使用ラインに問題があった。
 昨日使っていたクレハの得巻きフロロカーボン4lbは人工島を強引に引っ張ってきても負けない強度であったが、この日ライトリグ用に使っていた第四のライン6lbは魚との引っ張り合いで切れてしまった。
 すべて着底前のバイト。歯で擦られることはあるにしてもあまりにも弱い。
 結局、10lbリーダーを結びプラッキング用に設えたタックルで3匹キャッチ。
 
 相羽リグでの釣果に満足したので、蝦採りに適した光量になるまで巻き倒すことにする。
 マニックにアタったとかバレたとか、そんな話もあったりはしたが結局キャッチには至らず。
 次第に雨がぱらつくようになり、日没を迎える。
 浪費してしまった分の蝦を補充しようと試みたが、濡れて滑りやすくなった足場に踏み込めず、蝦採りを諦める。

 かくして、せっかくのおめえばっかポイント独り占めも、ただノーフィッシュを免れただけの内容に終わってしまった。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード