FC2ブログ

再びの威光

 1月22日。

 蝦は再び十分な数が揃った。
 登戸から多摩川原橋に至るまでの数箇所に入っている河川工事の影響が心配の種だが、修羅のいう金も無ければ女も居ない負け組にして釣り廃人の朕は、迷わず多摩川へ向かった。

 韓流ポイント入り。
 手マンポイントにはナマズさんの他、張良も居た。
 北風がシャローに吹きつけ、どういうからくりか、水も昨日とはまったく違って澄み気味。
 相羽リグ、ルアーともにいけそうな雰囲気である。
 これだけ水面が波立っていれば、シャローの表層攻めがいけるはず。相羽リグはこれがうまく行かなかったときに考えれば良い。
 さて、ワンダーを結んで、とバッグを開けてみればハードベートのボックスを忘れてきたことが発覚。
 いきなり相羽リグというのもありだが、この状況下ではまず表層攻めをしてみたい。
 面倒ではあったが、一度貧乏長屋にルアーを取りに戻ることにした。

 改めて手マンポイント。
 朕が不在の間に張良が1匹キャッチしたとのこと。ボトム寄りをワームを漂わせてのヒットだという。
 それならばということで相羽リグを投入。
 少し状況が良くなっただけでこうも違うのかというほどに反応が出て、朕は早々に5匹キャッチし、満足できたのでルアーに移行。ナマズさんは3匹と続き、相羽リグの釣りは成功といえる内容となった。
 
 夕刻に入り、張良が連釣劇を見せる。
 ワームの中層引き、表層プラグのスローリトリーブ、とルアーだけで5匹の釣果を得ていた。
 状況分析とルアーの当てはめ方の鮮やかさたるや見事なもので、大いに学ぶべきものがあった。
 伝説三輪氏曰く「釣れてるやつの真似しねえと、見えるものも見えてこねえぞ」とある。
 朕も真似してみたが、腕が追いつかず、日没を迎えてしまった。

 釣りを一時中断し、消費した分の蝦を補充しに行く。
 波立つ水面に蝦を見つけるのに苦労はしたものの、十分な数は採れたので出来たので釣りを再開。

 馬の背周りに吹き続ける風、煌々と水面を照らす満月。
 まだここにチャンスはあるかもしれない。
 と、キャストをしていたところ小さなバイトらしきものが度々あり、リトリーブ方法を変えてみたところ明確なストライクを得る。
 しかし、これはアタったとかバレたとか、そんな話に終わってしまう。
 ルアーでの釣果、夜の写真で締め括りたいところではあったが、釣れるまでむやみに続けるだけの根性も無い。
 また、釣り方は得心するところがあったものの、魚が入ってくるタイミングまでは読めないこともあり、次の偶然を待ちきれず、納竿することにした。

 
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード