FC2ブログ

寡人、此処にたりるを知る

 1月8日。

 昨日はハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気にやられ、ひとたび寝るや起きることも適わず、釣行機会を逸してしまった。
 冬休み期間中に降臨があったという話も聞こえないまま、早くも平常の日々が始まっている。
 ギャラクタスは惑星を喰らい続けなければ餓死してしまうが、伝説三輪氏はベイトを喰らわなくても生きられるのだろう。

 この日は何かと冴えない登戸を離れ、かつては冬のナマズ釣り場として通っていた宇奈根に行ってみることにした。
 地形がフラット化してからというもの、どうにも振るわなくなってしまった印象のあるエリアだが、長く来ていない間に何か変わっていることもあるかもしれないし、たまには他所のエリアへ行くのも良い気分転換になろうというところ。

 来る度に微妙に祀られ方が変わっているせんずり地蔵に拝礼したのち、キャストしながら様子を探って行く。
 水深、地形、流れの変化はグラスロッドであっても捉えることが出来ていたのはPEに組んだラインシステムとやらの賜物であろうか。
 水中に見える生き物といえば、ルアーには反応しない色の巨ゴイ程度。
 ルアーを追う魚影が見えることも無い。
 しかし、捨てるにはまだ早い。進退を決めるのは、陽が傾く頃にベートフィッシュが浮くかを確かめてからだ。

 夕刻近付き、対岸の浅場にベイトフィッシュの群れが浮く様が見られるようになる。
 この狙い方が正しいのかは定かでないが、ナマズが回遊するならば、ベートの気配を嗅ぎ付けて寄って来るに違いない。その付近のエッジ要素を探り当てればストライクを得られるはず。
 と、キャストを続けてみたものの、遂に反応を得られることなく完全な日没を迎えてしまった。
 このエリアからナマズが消えることはないだろうが、この穏和な日に何ら手応えを得られないようなら、アユやマルタが遡上する時期まで手だし無用のエリアであると判断する。
 これならば、冬の間は、釣れないこともない程度に釣れている登戸でブラックを狙っている方が良さそうだ。
 ということで納竿とした。

 或いは、バイトを得るまでキャストを続ければ釣れていたのだろうか。
 リトリーブ中に見えた、感じた何かを、因果関係を考慮することなくバイトだと思い込み、反応だけは得られたことにすべきだったのか。
 とはいえ、仮にその反応が、本当に魚のものであったとしても、次に繋げられず、状況分析の一助にもならない質ものであるならばまったく意味が無い。
 かえって混乱を招く厄介な余計事。
 よって、釣れなかったが反応があっただけまし、的な主張は聞き流すに限るのである。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード