FC2ブログ

喚ぶ気第一章

 1月5日。

 晴れて穏やかな正月の休日である。
 釣り人以外にも多くの人が登戸へやって来るに違いない。
 伝説三輪氏がかつてのように捕食を行うのにうってつけの環境が出来上がっていることだろう。
 また、この日は朕が世間の正月休みと合わせられる最後の日。
 今日降臨が起こらなければ、以降は確率の極めて低い日々を送ることになる。
 もはや登戸名物の三輪車で来ることは無いにしても、「おう、おめえよお、オレが泣いてるみてえなこと言ってるけどよお、オレは別に泣いてるわけじゃねえからな」と、泣いて噛みついてくるぐらいのことはあってほしいものだ。

 韓流ポイント入りしようとしたところ、見覚えのある姿。
 向こうもこちらを認識。
 久しぶりとなる義士の豫譲よじょうだった。
 もうひとつの降臨跡でやられにやられ今から帰るところだとのこと。
 いずれまた合流することもありましょう、ということで別れ、朕は手マンポイントに入った。
 ナマズさんの他に二人の釣り人が見える。
 冬休み期間にしては少ないような気もするが、このエリアが良くない状況にあるということが知れ渡っているのならば仕方のないことだ。
 釣り人が少ないとはいえ、降臨跡に見える釣り人も含めればそれなりの数になる。
 よって、登戸エリアは今日も捕食可能な状態にあるといっていい。

 風は無風に等しく、水は澄んでいたので、今日はこれしかないでしょう、と相羽リグ開始。
 久しぶりの相羽リグ炸裂を期待してのキャスト。
 ところがまったく反応を得られない。
 朕は早い段階で飽きてしまい、所在無くルアーをキャスト。
 相羽リグを続けるナマズさんの方も何もないという。
 合間、修羅はぐれ者が姿を現すことでもないものかと視界の利く限りに目をやったが、こちらの気配もまるで無い。

 夕刻近付く頃、公孫戍と夏侯章がやって来る。
 公孫戍は降臨跡に寄って、セニョールや李俊に新年の挨拶をし、雉科の観察データを交換し合って来たという。
 雉も鳴かずば射たれまい、というところだが、それでも汚ねえ唾を飛ばして囀るのが雉の性というものなのだ。
 朕は反応を得られないので遂にはタックルを打ち遣り、公孫戍と雉打ちの話に興じたり、夏侯章と被剥問答を行ったり、相羽リグの様子を窺ったりしてただ蝦採りの時間だけを楽しみにしていた。
 次第に風が強まってくる。
 これはルアーに好機ではないか。
 ということで、ここで朕は集中力を取り戻す。
 ナマズさんはルアーに移行する前に撤退の時間が来てしまった。
 「何だ、諦めるのか。おめえには根性が無え
 今はなき伝説三輪氏に代わって送り出す。

 陽も沈み、いよいよ蝦採りに適した光量になってくるが、風は収まらず、バイトも得られない。蝦採りも釣果も諦めた朕は、ケーポップに入っている公孫戍と夏侯章に油を売りに行くことにする。
 蝦取り場の様子を見ながら進んでいるうちに、夏侯章の声が聞こえてくる。
 見れば夏侯章のガオ棒がしなっている。
 朕は急ぎネットを持って駆けつけ、主君のランディングを扶けた。
 「ああ、そのサイズかあ」
 朕は、先日こちらに気付いてない体でひっそり漂わせていたといういい匂い♡な唾を吐き、公孫戍は「やっぱワームですか」と、ありがちなシチュエーションベイトを知らぬ伝説未満にも届かないルアーマンな唾を吐いてその功を称えた。

 あの大道とひとつになった夏侯章。
 口を衝いて湧き出てくる卮言も冴え渡ろうというものだが、滲み入る寒さはいかんともし難く、修羅の知るところとなったらどのような謗りを受けるのかと懼れながらも解散とした。
 





スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード