FC2ブログ

ファビュラスレジェンド

 12月23日。

 先日の釣行は、韓流ポイントで相羽リグを投入したまでは良かったが、ほどなくしてハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に襲われ、開始から一時間も経たずに続行不能となり、ナマズさんに蝦を預けたまま撤退するという醜態を晒してしまった。
 醜態という意味では伝説三輪氏のそれには到底及ばないものの、釣り廃人と罵られたなりのパホーマンスを示せなかったのは残念としか言いようが無い。

 迎えたこの日は日曜日にして連休中日。
 これで天気が良ければベイトが集まり、捕食者も降臨しようというところだが、小雨がぱらついていた。
 気温はこの時期にしては高めだが、雨が降るようでは気軽に足を運ぶというわけにもいかないだろう。
 登戸がいくらベイトの集まるエリアだとはいえ、今日は寄りが悪そうだ。
 ベイトが来ないと予測される日に、わざわざ修羅がカバーから出てくるとは考えられない。
 大事にしていた三輪車も今ではお庭で雨に濡れていることだろう。
 こうしている間にも伝説人のプレミア度はどんどん高まっていく。
 まるで熟成年数を売りにする洋酒のようなプローモーション術ではないか。

 韓流ポイントに入ってみれば、案の定、ベイトは居らず、下野さんとナマズさんが居るのみ。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 オジンにはわからない新しい愛の形は現在どうなっているのだろうか。
 彼女のお母さんの病は治ったのか、それとも見境がなくなってネット上の男に助けを求めるほどの篤さだったのだからもうとっくにくたばっているのかもしれない。
 ステラを売ってまで作った金は、治療費になったのか葬式代になったのか。
 或いは詐欺師を肥え太らせただけかもしれない。
 朕がこちらの伝説の話をしたところ、下野さんからもうひとつの伝説の話を聞くことができた。あの所作を見る限り魚を釣るのは無理だろうと思っていたが、たまに釣れることもあると知り、朕は大いに驚いた。
 降臨跡に見える釣り人の数はまばら。あれでは修羅を呼び寄せることはできないだろう。
 猫肉骨粉劇場の様子をここから窺い知ることはできないが、今日のような日はきっと歯抜乞食が窟の中で寝ているだけだろう。
 日曜日だというのにあまりにも寂しい光景である。

 フィールド環境といえば、下降していたところに突然の上昇と雨。
 本来ならば喜ばしい事態だが、ここに水門工事の影響が絡むとまったく逆になる。
 工事現場から流れ出す土砂はその質に問題があるようで一帯に沈黙を誘う。その土砂が流れに乗り、攪拌され流域を覆うのだから期待は持てない。
 とはいえ、自分の見立てが必ずしも当っているわけではない。
 故にこそ「やってみなきゃわかんねえじゃねえかよお!」を用いるのである。

 相羽リグでもルアーでも反応を得られないまま時間が経過して行く。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 公孫戍と夏侯章がやってくる。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ」「オレが考え無しにやってると思うか
 伝説式の応酬の後、それぞれに散り、朕は手マンから新川河口までをしゃくり歩いたが、一切の反応を見ることなく飽いてしまい、蝦採りに適した光量になるのを待つことにした。

 釣果を諦め、雉とは何かの議論を吹っかける朕とそれに応じる公孫戍。
 朕は暗くなるまでの時間潰しでしかなかったが、公孫戍はボトムの感触、水面の動きを見据えており、集中力を欠かさずスモールマウスをキャッチ。
 この釣果は、密かに釣れるかの実験にしていたイマカツ版スティッコーでの釣果でもあった。
 この結果を知り、ナマズさんがケーポップに相羽リグを持ち込む。
 魚は居て、釣れ難いだけならば相羽リグが力を発揮するのでは、と思えるが、ケーポップの地形構成はむしろ相羽リグでは攻めあぐんでしまう。
 結局その後はルアーも相羽リグも無反応のまま夕刻迫り、ナマズさんが撤退。

 公孫戍が釣った以外はアタったとかバレたとか、そんな話も無く、すっかり暗くなっていた。
 朕は明日の相羽リグに備え蝦採りに移行。
 濁り気味の水と、滑りやすくなっている足場に難儀はしたものの、十分な蝦を確保できただけでなく、水没した聖人の輝きを取り戻すという大功を為すこともできた。
 体も温まり、いよいよ新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうかというところだったが、急激に冷え込んできた風に晒されていた夏侯章と公孫戍は肉体的に限界だという。
 夏侯章が帰りたいというのなら、すなわちそれが天の時である。
 朕はあらゆる作為を捨て去り納竿とし、ただ一人釣果を得た公孫戍には「おめえは一軍、オレらは二軍、そういう考えやめねえか。オレたちそもそもそういう付き合いだったか」と、伝説三輪式に泣いて噛みとぅいて解散となった。
 

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード