FC2ブログ

フィストオブスマイル

 12月2日。

 かみちょうに釣れる相羽リグも、現状では数あるメソッドの中のひとつでしかなくなってしまった感がある。
 それでも相羽リグにこだわるのは釣果以外の収穫も大きいからである。

 休日のプレミアは諦め、最初から韓流ポイントに入る。
 行方不明だったベイトキーパーも見つかり一安心。
 ナマズさんも到着し、早速相羽リグ開始。
 案の定、早々の反応は得られず。
 バスだけではなく、他の魚も見えないので、もっとあからさまに魚の寄りそうなポイントへ行ってみようと対岸側へ。

 ここは常に流れが通り、わかり易いカバーも沈んでいる。
 流れと風も同方向なので魚が寄るに違いない、と思って来たもののこちらにも魚は見えない。
 相羽リグを投入したはいいが、手マンよりも打つべきスポットが少ないため集中力が続かない。
 もしかしたら魚が入ってくるタイミングがずれているだけのことかもしれないが、待ちきれず、ここでの釣果を諦め手マンに戻る。

 再びの手マン。
 相羽リグが届く範囲に魚が居ないことも考えられるので、朕はルアーに切り替えて探る。
 やがて、ナマズさんが蝦だけ取られるという事態に苦しめられながらも1匹キャッチ。
 いよいよ魚が入ってきたかと朕も相羽リグを組み直し、キャストしてみたところ1匹キャッチ出来た。
 相羽リグに興味を示していたルアーマンと話す機会があったので、朕は、相羽リグがはまった時の威力はこんなものじゃない、とアゴをシャクってみせた。
 とりあえず釣れはしたものの続かない。反応がないことに飽きてしまった朕はルアーに切り替え、再び相羽リグの届かないポイントを打つことにした。

 夕刻近付く頃、公孫戍と夏侯章が現れる。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ」「オレが考え無しにやってると思うか?
 今や幻となってしまった主宰者の言葉の応酬。
 朕はこの頃、釣りそのものに倦んでいて、キャストもろくにせず、蝦採りに適切な光量になるのを待った。
 そして陽が傾き、日没近付く頃、辛抱強く相羽リグを続けていたナマズさんに小炸裂が起こる。
 結局、この日の相羽リグ釣果は、朕がスモールマウス1匹と振るわず、ナマズさんは終盤の追い込みが効き、スモールマウス3匹、コイ1匹、ラージマスウ1匹と大善戦。
 朕は途中でもう無理と諦めていたにもかかわらず「そこまでして釣りてえか」と、レジェンドⅠ・Ⅱ共通の涙混じりの唾を吐いてやった。

 ナマズさん撤退の頃にはすっかり陽も暮れて、いい塩梅の光量になり、蝦採り開始。
 さほど労せずして十分な量を確保できたので釣り再開。

 ケーポップと手マンを行き来しているうちに、公孫戍がバイトを捉えていた。
 今回はランディングネットを持って歩いていたため、パワーのある40クラス相手でも余裕のツープラトンランディングを決めることが出来た。
 ランカシャーとカルガリーのコンビネーションもだいぶ息が合うようになっている。これならMSGタッグリーグも狙えるのではないかと意気も高揚するが、冷え込みが容赦ない。
 その寒さというに、常人のひとつ上を行く耐寒能力を持つ夏侯章でさえも帰りたいと口にするほど。
 朕は主君の命を公孫戍に伝え、一同解散となった。

 このところ終始韓流一帯に留まっているため、新川節と捕食、対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャスト、猫肉骨粉劇場の今を窺い知ることができない。
 或いは、登戸を訪れる釣り人の中にはこれらのプレミアに遭遇し、ひそかに喜びを得ている者があるのかもしれない。

 ※マー語

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード