FC2ブログ

是以釣廃人…

 11月25日。

 日曜日、連休最終日、晴天。
 多くの釣り人が登戸を訪れることだろう。
 しかし、修羅が三輪車と共に現れ、ベイトを捕食する楽しい光景が見られたのも今は昔。今はただ釣果を求めるだけの場所になってしまった。これが正常な釣り場の姿であるにしても、どこか寂しさを覚える。
 今日は丸一日の休日。
 日中を相羽リグ、夕刻からはルアーというつもりで昼に貧乏長屋を出る。

 韓流ポイント入りしてみたところ、手マンには既に何名かの釣り人。
 果たして相羽リグは出来るのか、と一瞥してみれば、その中に春以来となる伊尹いいんの姿があった。
 今日はアンダーショットリグで1匹釣れたとのこと。
 しばらく釣れ難い多摩川を逃れ、相模湖や新利根川に通い、新利根ではボーズが無かったという。
 知ることは知るといい、知らぬことは知らぬと言える、良い意味での凡庸さを持つ経験者なので話していてストレスが無い。
 今日はネットを持って来てないので、ナマズさんが来るまで相羽リグはやらないと朕が言うと、「ネットならありますよ」と伊尹がネットを差し出した。
 ならばやってやろうか相羽リグ。
 とはいえ、近頃は相羽リグを用いたからといって炸裂とはいかない。
 その理由を推測と共に説明しながら相羽リグ投入。
 伊尹とその友人は投入後即バイト、連釣という展開を期待していたようだが、案の定、そうはならず。
 反応の無さはルアーと変わらない。
 ナマズさんも到着し、相羽リグ開始。
 相羽者が二人になったところで、ただ蝦を使っても釣れない釣り人が一人増えただけのことにしかならず…。
 スモールマウスは居るのに釣れないのか、ただ来ていないだけのことなのか、一切読み解くことができない。
 飽きてきた朕は、スラッゴーを結び手マンからケーポップ上流までを素早く流していくことにした。小バスでも浮いてきやしないかとのことだったが何も起こらないまま手マンに戻る。

 再び相羽リグを組む。
 何だかんだ言ってここに居並ぶ全員が伝説三輪氏並みにヘボいのではないかと落ち込みかけてくる頃、ようやく朕の相羽リグにバイトが出る。
 これが口火になるかと淡い期待を抱いたのも束の間。再び沈黙。

 夕刻近付く頃、公孫戍と夏侯章がやってくる。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ
 「オレだってちゃんとやってるよ!
 ちゃんとやているという割にはいつもだらしのねえ結果に終わっていた修羅の言葉を以って挨拶とする。
 相羽リグでは釣れず、諦めてルアーで流してみても反応してくるのは10センチにも満たないバス以外の魚ばかりということで集中力も途切れがち。
 陽も沈み、伊尹とその仲間が去り、ナマズさんもノーフィッシュのまま無念の撤退となった。

 日中の感触からすると無理なような気もしたが、流れは感じられていたので「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」と一吼え。続けるための拠り所はあるので修羅のように泣いたりはしない。
 夏侯章がバイトを捉え、大あわせをくれている。
 何かおかしいというので、ルアーをよく見てみればセンコーが小刻みに切れている。
 ガニの仕業である。
 ガニはルアーへの反応は良いが、フッキングに持ち込むのは至難。
 夏侯章は我が主君であるとはいえ「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」と罵るのがこの土地での作法である。
 程なくして朕もバイトの感触を捉える。
 ガニをワームで釣るならじっくり口まで送り込ませてやることが肝要、と、途中でガニでないことに気付き、見ればバスにがっちり針を呑まれていた。
 呑まれていたことで焦った朕は、手マンで釣れたことを証明する写真が撮れず、リリースしてから後悔するのであった。
 独りケーポップに残った公孫戍を訪ねてみれば、大から小まで3匹のスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 こちらはポイント特定可能な夜の釣果という完璧な仕事ぶり。
 他人が釣れたポイントに我先で入れば釣れるというわけでもないが、こそこそひそひそと小走りしてでも張り付きたくなるような場所を見繕うことは大切なこと。
 今日のオレの仕事は終了!を宣言するにはまだ足りないという気もしたが20時も近い。
 終了である。

 帰宅後、降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいより、ナマズキャッチの報あり。
 かつて伝説三輪氏が唱えた根性と、今ここで示される根性の違い。
 修羅にも本当の根性があったなら、いつも釣れなくて泣いてしまうこともなかったろうに、と残念に思うのだった。
スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード