FC2ブログ

南無妙法蓮華経の暇も無い

 11月20日。

 相羽リグの享楽。
 「そこまでして釣りてえか
 と、偉大なるレジェンドⅠ・Ⅱに忌み嫌われるメソッドではあるが、トップトーナメンターを常勝に導いた優れた釣法である。
 なんの縛りも無い素人が見過すにはあまりにも勿体ない。

 かくして韓流ポイントへ。
 既に手マンポイントにはナマズさんが到着しており「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説式のお約束。
 ルアーには反応が無いというが心配には及ばない。
 ルアーでは釣れない、釣る腕前が無いといったネガティブ要素を打ち消してくれるのが相羽リグなのだから。

 足元をアユの一団が通って行った。
 近くに捕食者が存在することを示す動きである。スモールマウスかナマズに狙われているに違いない。
 いかにフィッシュイーターがアユを狙っていようと、アユより鈍い蝦がもがいている様が目に入れば黙ってはいられまい。
 相羽リグ投入後、早い段階で反応を得ることはできたが、蝦を取られるだけということが続く。
 アユ玉の往来が見えなくなると反応も止み、それからはただむなしく蝦を失っていくだけになってしまった。

 夕刻が近付くにつれ、水路から馬の背周りにかけての一帯で小魚が涌くのが目立つようになってくる。
 しかし、この一帯はスモールマウスの通り道から外れているのか、平穏そのもの。
 エリアが違っているのなら移動すればよいだけのことではあるが、相羽リグでの釣りは釣り人側が蝦の保管場所に縛られるという弱点がある。
 釣果を得るのは厳しいか、と思われていた頃、ナマズさんがバイトを捉える。
 フックセットとほぼ同時に「バスじゃないよ、これ」との声。
 上がってきたのは予想通り巨ゴイだった。
 ナマズさん、ボーズを逃れるも微妙な面持ち。
 ではあったが、「この竿、本当に魚を寄せて来るねえ」と、セントクロイ・トライアンフのロッドパワーに感心していた。
 このロッドを見繕った朕にも喜ばしいことである。
 
 その後、ルアーに切り替えた朕にも、相羽リグを続けるナマズさんにも一切の反応が無かったため、今日はもう駄目だろうということで17時の鐘を聴く前に納竿となった。

 一方この日、中野島堰上エリアに入っていた公孫戍は40クラス含む4匹のスモールマウスをキャッチしていた。
 朕はこの日、韓流ポイントで相羽リグ、という考えしか無かったにもかかわらず「やっぱりそこでしたかあ」と、いかにも予期していた風な口ぶりで応じた。
 更に、降臨跡上流に入っていた侯嬴こうえいより、ナマズを1匹キャッチ出来たとの報が入る。
 残念ながら携帯電話が電池切れを起こしていたために送信用の写真が撮れなかったとのこと。
 朕は待ってましたとばかりに「みんなさんは上手い上手いっていうけどよお、あの人本当に上手えかあ?」と伝説三輪式で応じるのだった。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード