FC2ブログ

懼れ見よ

 11月9日。

 昨晩、朕が蝦採りを終え、寝ようとしていたところ侯嬴こうえいよりナマズキャッチの報が入る。
 あと2匹で今年のナマズ釣果三桁達成だという。
 降臨二年も残すところ二ヶ月を切った。来年も元号が改まることなく降臨三年に進みそうである。

 連休を取ったはいいものの、釣り廃人としての喜びに満たされることの無いまま、ぼんやりとここまで来てしまった。
 休日は明日まで。
 せめて今日は蝦が足りないと嘆くほどに相羽リグを炸裂させたいものだ。

 韓流ポイント。
 小雨交じりの天候だが濁りは入っておらず、昨日より透明度も上がっている。
 魚道につながる馬の背周りには小魚の波紋が沸くのがちらほらと見える。
 ナマズさんも到着し、今日の豊漁を期待してキャスト開始。
 魚が居れば早い段階で反応を得られるのが相羽リグの美点である。
 ところがこの日は、手マン内のいずれを打っても反応を得られずにいた。
 見た目には良さそうだが、実は水質が悪く魚が寄らないとか、動かないとかといったところなのだろうか。
 長い沈黙が続き、ようやくナマズさんがバイトを捉える。
 関東巨鯉倶楽部を二回達成し、スモールマウスも1匹キャッチ。
 いよいよ始まるか、と期待したのも束の間。
 再び長い沈黙が訪れる。
 次第に雨粒も大きくなり、これは無理だろうと諦めることにした。

 ミミズ投げれば一発のつもりが、散々にやられての納竿。
 こんな有様では、たとえ伝説三輪氏がいよいよカバーから出てきて、相羽リグでもてなすことができたとしても「おめえが良いっていうから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と、打ち据えられるに違いない。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード