FC2ブログ

スチャラカ招来

 11月8日。

 相羽リグで苦戦した昨日、夜に降臨跡に入っていた侯嬴こうえいは、修羅にはまるで無かった根性を発揮し、ワッパープロッパーでナマズをキャッチしていた。
 年間ナマズキャッチ数三桁まであとわずか。
 釣り廃人たちの間では、今年三桁行けるのかで盛り上がっているが、バスもろくに釣れない根っからのバサーには「どうせナマズだろ」と一蹴されそうな話でもある。

 迎えた当日。
 この日はこいる師匠こと御老公も来る予定。
 蝦は十分にある。
 気持ち良く釣れる環境が戻り、御老公のこいる節が聞けるようになっていて欲しいものだ。

 韓流ポイント入り。
 濁りは抜け切っていなかったが、小魚の行き交う様子が見えるまでには回復している。昨日より状況は良さそうだ。
 かつては濁り、増水は釣り人の味方になってくれることが多かったが、今や環境を悪化させる敵になることが圧倒的に多い。
 これはウォーターマフィアのたゆまぬ破壊活動の賜物である。

 ナマズさん到着。
 風強く、波立つ水面にどうなることやらと危ぶんだが、シンカーを打って事態に対処。 盛んというほどでもなかったが、ぽつぽつという感じで反応も出ていた。
 こいる師匠もやって来て、夕刻まで相羽リグを楽しむ。
 朕はスモールマウスを10匹、ナマズさんは4匹、御老公は3匹、といずれも40クラスが混じり概ね満足できる内容に、と、ここで終わっていればよかったものを、ナマズさんは40クラスのラージマウス1匹と関東巨鯉倶楽部を二回達成し、朕の二桁釣果をすっかり翳ませてしまってくれた。
 勿論朕は「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、伝説三輪泣きである。

 夕刻に入り、今日一番の釣果を得たナマズさんが撤退。
 御老公は今度買おうとしている電動リールの自慢話を始める。朕がその釣りにはまったく興味が無いことなどお構いなしで、今日もやっぱり絶好調。釣りに関わるすべてが楽しいお年頃なのである。
 こんなにも食いでのあるベイトを根性が無えばかりに捕食できずにいる修羅を憐れむ朕であったが、果たして伝説三輪氏ていどにこいる師匠のような御老公を飲み下せるのだろうか、という疑念も生じるのだった。
 これからキャスティングとタックルベリーを見てくるといって御老公は撤退。

 彼らの撤退後、ルアーでの釣果も得ておきたいものだとワンダー、ファットアルバートイモでしばらくがむばってみたが、今回もルアーではまったく反応を得られず、結局今日消費した分の蝦を補充して終えたのだった。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード