FC2ブログ

出物腫れ物所嫌わず、ロディ・パイパー仕事選ばず

 10月25日。

 ナマズさんがバサーになる季節がやってきた。
 既に何匹かのバスをキャッチしているというから、もはや伝説三輪氏の捕食対象外である。
 今日はナマズさんと韓流ポイントで合流予定。娑婆での雑事が済み次第、公孫戍も来るとのこと。

 かくして韓流ポイント入り。
 既にナマズさんは到着しており実釣開始。
 流れはあるか無きかの如しで反応は得られず。こんな時こそ相羽リグを試したいもの。
 公孫戍到着。
 登戸での苦戦を予測して、中野島で2匹キャッチしてきたとのこと。
 「戍子じゅし、さすがです」と、朕が褒めそやしたところ、公孫戍は首を振った。
 「とんでもない。かの場所は半年前から見かける若者がおりまして、曰く、そこで50オーバーを釣り、いい思いをしているとのこと。それがしの釣果など塵芥も同然です」
 「ほう、戍子じゅしも及ばぬ釣果を得ているものが居るとはにわかに信じ難いものですが、上には上が居るものですな」
 朕は大いにおどろいた。

 小型のスモールマウス、40超えのラージマウスの姿を見ることはあっても誰も釣果を得られないまま、ナマズさんが撤退。
 日没後もしばらく粘ってみたものの、一切の反応も得られないまま打ちのめされての納竿となった。
 解散時「お疲れえ!」と、勇ましく決めてはみたものの、伝説三輪氏のように、目には涙を溜めていたことはいうまでもない。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード