FC2ブログ

しゅらさん

 10月5日。

 日を跨いでのドブシーバス釣行。
 長潮の夜に行くなんて、というところだが金も無ければ女もいない負け組釣り廃人として正しい身の処し方でもある。
 かくして初心者でもそれなりに釣れていたのに、長い釣り歴を誇り、これまでに正解はやり尽くして来たという修羅はほとんど釣れることがなかった川崎の海ドブへ。

 この日は、見えるベイトが少なく、シーバスの反応も良くなかった。
 実験ワンドではシュマリ4Fで木っ端セイゴ2匹、伝説記念公園ではCD9でフッコ1匹。
 釣れないこともないが、どうにも冴えないのは潮回りが良くない上に風向きも適切ではなかったためだろう。
 早くも2時を過ぎている。
 今日こそは実験ワンドシャローフラットへの道に入れるか。
 と、向かってみれば、朝に向かう街の動きがやけに騒々しい。これが平日の工業地帯の日常なのか。
 せわしない空気に、勝負ポイントの様子を見に行く気力も失せ、喧騒に巻き込まれる前に塩落しをして帰ることにした。

 同日昼過ぎに起床。
 雨が降っていたが、体力気力は十分。
 ということで多摩川に向かう。

 特に強い理由があったわけではないが、減水の動き、北風ということで韓流ポイントに入ってみる。
 天候が安定するまで、多摩川本流は無理な気もするが、現状を知っておきたい。
 堰が開放され、わかり易い流れの変化は見えているが、濁りの質は良くない。
 小魚が時折跳ねるのが見えてはいたがフィッシュイーターとのリンクは無さそうだ。
 小型スピナーベートで上を、ファットアルバートイモで下をという具合に大雑把に流していってみたものの反応は得られず、ここであれこれと粘ってみたところで、何もわからないままノーフィッシュで終わってしまうかもしれないという気がしたので移動することにした。

 中野島。
 何度来ても破れぬ壁。
 来れば来るほどプレッシャーをかけて魚を賢くしていると言えなくもないが、それでも釣る者は釣る。
 どうにも釣れない魚をどうにか釣る法はあるのだ。
 そして今回もその法を見つけることが出来ないまま、いつも通り絶望的な気分に陥りながら、どうにか2匹キャッチ。
 ○回連続ボーズなし!ではあるが、課題を克服できない以上、釣れたからといって、年に何度かはたまたま釣れることもある伝説三輪氏のように手放しで喜ぶことはできない。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード