FC2ブログ

毒マス情報真に受けて

 9月24日。

 朕が昼の時間帯にやむを得ず撤退した一昨日、土曜日、公孫戍は小中合わせて6匹のスモールマウスをキャッチしたとのこと。
 しかし、携帯電話が壊れていたために写真は撮れなかったという。
 証明出来る写真が無ければ信用しないのが伝説三輪的心理。
 そこで「みんな公孫さんは上手い上手いっていうけどよお、あの人本当に上手えかあ?」と修羅な疑心暗鬼で応じた。

 昨日は公孫戍の携帯電話が復活し、韓流ポイントで40クラス含む3匹のスモールマウスをキャッチ出来たとのこと。
 我が主君の夏侯章といえば、近頃、多国籍の外国人たちが屯する同ポイントで、漢族のやや美熟女たちが公孫戍とだけ親しく接することに内なる調和が乱され、釣りどころではなくなっていたとのこと。
 やや美熟女たちは無為の徳よりも、今すぐの言葉を好むようである。
 なるほど、劉邦が韓信を恐れていたというのもよくわかる、と思う朕であった。
 その日の夜には臥していた侯嬴こうえいが野狸のごとく復活を果たし、降臨跡上流でナマズをキャッチしたとの報が入ってくる。
 今年も無事三桁キャッチに至る気配。
 バスが釣れないからナマズを狙い始め、ナマズが釣れづらくなったからとスモールマウスを狙っているというどっちつかずの朕は、いずれ伝説式の汚ねえ唾を吐くことであろう。

 迎えた釣行日当日。
 世間の三連休最終日である。
 明日からまた日常が始まるが、まだ休日。遠出するには足りないが、何もしないでは持て余す。ならば多摩川辺りが手頃だろう。かくして多くの釣り人が登戸にやってくる。
 ベイトの気配を察した修羅が改造三輪車を駆り登場。そして始まる新川節、野池武勇伝、変態タックル自慢…そんな休日の登戸名物的光景が見られたのも今は昔。
 現在の登戸はただ難しいだけの魅力乏しい場所。
 そこでこの日は、中野島で冒険心を満たし、アルテグラ3000で中野島のバスが釣れるかの実験をすることにした。

 中野島入りしたところ、公孫戍も現れる。
 今日は主君が陰陽の調和を乱したことにより、土階の宮に閉じこもったままであったため、出仕せず、ここからのスタートだとのこと。
 序盤、ここぞと思うスポットで次々に反応を得られたことにより、遂に壁を打ち破れるかと期待した朕だったが、結局いつものように絶望的な気分に陥りながら、やっとの思いで2匹という結果。
 公孫戍は難しいといいながらも13匹のキャッチに成功していた。

 神経をすり減らしながら、決して大きくはない魚を必死で狙うのはしんどいものだ、と朕が漏らしていると「釣れる釣りは楽しいのう」と言わんばかりの写真が史進より送られてくる。
 かの蝦夷地では、川に飽いては海へ行き、海に飽いては次の土地という具合で、怖れるはただ熊ばかりの楽園だという。
 普通に釣れる者が行けば天国を味わえるフィールドなら伝説人も同様に楽しめるのだろうか。それとも何処へ行っても伝説人はあくまで伝説人なのだろうか。
 かくして、すっかりくたびれてワークを終えた我々は、もともと立派でもない鍍金が剥がれていく伝説気質について思うところを語らい「お疲れえ!」と、伝説三輪式を決めての解散とした。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード