FC2ブログ

登戸クンバカ

 9月17日。

 土曜日は江湖でのワークに参加していたため、通常のワークを休んだ。
 朕が休んだからといって釣り廃人たちの活動が已むことはない。この日は公孫戍が中野島で9匹のスモールマウスをキャッチしていた。
 中野島には小走りくんも数名来ていたとのことで、修羅が三輪車で乗りつける価値のある土地であることが示されていた。
 普段なら「オレにかまうな、上手い連中と仲良くやってくれ」と、伝説三輪氏のように泣いていじけてしまうところだが、この日は朕もまだ江湖に身を置けるだけのものを持っていると知り、ことのほか御機嫌麗しく伝説式の礼も忘れ、江湖の住人たちとチャミスルなどを酌み交わしていた。

 昨日は江湖を渡り、受けた損傷の痛みはあったものの、漆園からの喜びの報が入り、娑婆に身を置いていた苦しみが紛れていた。
 韓流ポイントにて夏侯章が40クラス、公孫戍が30クラスをキャッチしたとのこと。
 新川節は聴こえず、対岸から見てもわかるほどカッコ悪いキャストを見られずとも、休日の多摩川を楽しめていたようである。

 迎えた当日。
 自宅に戻る途中、玉屋に寄り、アルテグラ3000を買う。
 10800円天。
 ペリカ生活が終わって久しいが、未だに円天生活を続ける朕にとって玉屋割引は非常にありがたいものだった。

 帰宅後、伝説式保険が増えた喜びからか、ハンドルのがつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に襲われダウン。
 結局出発は夕刻になってしまった。
 既に公孫戍と夏侯章は降臨跡に入っているとの報が入っていたので、オペラ座には目もくれず、直接降臨跡に入った。

 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 降臨跡にはセニョール、夏侯章、公孫戍、李俊。
 早い時間には師匠や張横も来ていたとか。
 ベイトとなる釣り人も十分に居る、休日らしい登戸の様相を呈しているというのに、登戸名物だけが無いというのはやはり物足りない。
 今日はセニョールがただ一人スモールマウスを2匹キャッチしたとのこと。
 「突き落としてやろうか」と、礼法に則って凄んではやったものの、所詮形式上のものであって真実味に欠いている。あの、屈辱に塗れ、憤怒の篭った形相で、功あったものをにくむ様の滑稽さは誰にでも出せるものではない。
 改めて伝説の称号を得る資質が尋常ならざるものであると知るのであった。

 日没を迎え、セニョールと李俊は撤退。
 やがて雨が降り出し、橋の下への避難を余儀なくされ、そんな中でも釣り廃人たちはルアーを打ち続ける。
 カバー帯を通していた朕はここで二度のストライクを得ることが出来たが、いずれもアタったとかバレたとか、そんな聞きたくもねー話に止まってしまった。

 雨が収まり外に出ると、旧第一ワンドは濃厚なベイトのスープ状態が出来上がっており、バス、ナマズの捕食が行われていて、ポッパー、クランクベート、ワンダー、イモ、ヤミーフィッシュといったベイトで各各打ち込んで行ったものの、ルアーにはまったく反応が無かった。
 それでも「釣れるまで帰らん、お前も付き合え!」と、伝説三輪式で励ましあい、キャストを続ける。
 そんな釣り廃人たちに再びの雨が水を差す。

 橋の下で雨を凌ぎながら、聖人の口を衝いて出てくる卮言にこころ潤され、多摩川名物列伝を論じてはこころたのしく過ごしていたが、雨足が落ち着く頃には20時を迎えていた。
 終了である。

 あれほどフィッシュイーターが盛んな様子を目にしながらかすりもしなかったのは、釣り人がヘボいためである。
 しかし、我々はどれほど己のヘボっぷりを思い知らされようとまったく自覚せず、あくまで貴い新川で鍛えた釣りウマを僭称する修羅の術に倣い、いいかげんやられた感はあったものの、勇ましい口ぶりで「お疲れえ!」を決めて解散とした。

 帰宅してみると史進からメールが届いていた。
 何と、いつの間にか南蛮の地から北狄の地に移り住んでおり、北の海の素晴らしさを謳う内容が添えられていた。
 都会の出である史進も、ルーツを辿れば北狄の血筋である。
 いずれネイチブのイトウを釣って欲しいものだと思いながらも、朕は伝説式を疎かにすることなく「ソイはワームを泳がせてくるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と応じた。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード