FC2ブログ

カルマの法則

 9月5日。

 台風通過後の増水と濁りで生きる降臨跡。
 昨日は何も出来ずに終わった中野島。
 この両方で釣果を得たいものだ、ということでカバー打ち用と、フィネス用のスピニング2タックルで出発。

 降臨跡。
 濁り、水位は申し分なしだが、ただ強い流れが抜けていくだけといった印象。
 減水の動きだが水量は十分なので打ってみる価値はある。
 テトラ帯に目立った流れの変化を見つけてはワームを落としていったが反応を得られなかったので、降臨跡を諦め、カバー打ち用のスピニングタックルを置きに帰り、改めて中野島へ向かうことにした。

 中野島周辺には冒険心をくすぐられるロケーションが案外多い。
 ポイント入りし、やがて公孫戍も到着。
 度々のアドバイスを受けながらも、朕は未だ要領を得ず、わずか4粒のみで終了。
 公孫戍は17粒、5匹の22本と、この日も圧倒的技量を見せていた。
 朕は、どうしても越えられない壁にストレスを溜めて、公孫戍は満足を得ての納竿となった。

 解散後、李立が今からこちらに向かうとの連絡あり。
 仕方がないので「き合ってやるべえか」と、到着を待つことにする。
 結局釣りはせず、今日の朕の釣りを総括する、的な話になった。
 降臨跡の様子と朕が諦めた理由を話したところ、可能性は十分にあったという。見た目にはただ流れているだけに見えても、ルアーを入れてみて初めて捉えられる変化もあり、先日施恩が得た50アップは、そういった変化に5/16オンスシンカー、パドルテールワームのオーソドックスなテキサスリグを打っての結果だったとか。
 ここでの苦戦については、単に朕がこういう釣りに向いていないだけとの評。しかし、側溝化の進行が止まらない現在の多摩川にあっては、天の勢に乗じた釣りは成立させづらくなっている。従って、苦手なことと雖も疎かにしておくわけにはいかない。釣れないからといって、修羅のように「多摩川はもう飽きた」とほざいて逃亡するにはまだまだ早すぎるのである。
 
 ※マー語





スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード