FC2ブログ

視覚の歌

 8月21日。

 今日もまた、極厳修行者音頭を踊るため、多摩川へ向かう。
 昼は流芯周りでスモールマウスを狙い、夜は緩みのシャローフラットでナマズを狙おうと宇奈根を目指す。

 濁りは完全に抜けていて、水勢水量は強い。
 スモールマウスには厳しいか、と一帯を見て歩けば木っ端セイゴの姿がよく見られた。スモールマウスの姿はまったく見えない。
 これだけ居るなら釣れる個体もいるのではないかと、狙ってみたがスティッコーの回収時にバイトがあったきりで、あとは追いを見るのみに止まる。
 夕刻が近付いて来たのでリーダーを8lbトライリーンから20lbトライリーンに替え、夜のナマズ狙いに備えた。

 宇奈根下流側シャローフラット。
 まだ水量が多いため、足場の確保が困難だ。ここはロングキャストで対応しよう、とキャストしてみたところ、下巻きのPEラインが残り少なかったことが発覚。
 フルキャストする前にラインが出きってしまう。
 これであちこち入れるのなら対処のしようはあるが、この靴では無理。
 進退について迷っていたところ、御老公から電話あり。
 宇奈根に来たはいいものの、朕を見つけられず、介助なしでは釣りができずということで帰るところだという。
 ここで朕も、何もかも外しまくっている感覚に襲われ気力が萎え、納竿することにした。

 だいぶ泣きの入った状態ではあったが、仲間の釣り廃人たちには「釣れなくても関係ありまっしぇ~ん」と、偽りの報告をし、伝説三輪氏ばりの“オレは負けてねえ”アピールをしてやった。


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード